Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナルNEWS】コバッチがアーセナルの監督に興味を示す

最新のチームニュース

■セバージョス

左ハムストリングの怪我。11月16日のヴィトーリア戦で負傷。12月中旬のフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ホールディング

左膝の打撲。月曜日の試合前に状態を評価する。

(ソース:Arsenal.com) 

 

エドゥはヴィエラを次期監督に推す?

テクニカル・ディレクターのエドゥが、選手時代に共にアーセナルでプレーしたヴィエラをチームの次期監督に推していると報じられています。エドゥとヴィエラは03-04シーズンに無敗優勝した " invisibles " のメンバーで、アーセナルで4年間一緒にプレーしています。

ヴィエラは現在、リーグ・アンのニースで監督を務めていますが、チームは13位と低迷しています。ただ、ヴィエラは9年間を過ごしたアーセナルで指揮を執ることに興味はあるが、ニースでのプロジェクトに集中しているし成功させたいと言う趣旨のコメントをしています。

元選手としてはマン・Cでアシスタント・コーチを務めるアルテタも有力視されています。

(ソース:Daily Mail) 

 

コバッチがアーセナルの監督に興味を示す

デイリー・メール紙によると、先月バイエルン・ミュンヘンの監督を解任されたニコ・コバッチが、アーセナルの監督就任に興味を示しているらしいです。すでにクラブ首脳陣とも接触しており、監督就任に興味があることを伝えているとか。 

コバッチは現在、イングランドを訪れておりプレミアリーグの試合を観戦するなどしているそうです。先日行われたエバートン vs チェルシー戦を観戦に訪れていたことが確認されています。そして、月曜日に行われるアーセナル vs ウェストハム戦も観戦する可能性が高いようです。

アーセナルの首脳陣は、先週初めに夕食会を開いて次期監督に付いて議論したとされています。現在のところアルテタ、アッレグリ、アンチェロッティ、ベニテスの名前が挙がっていると報じられています。

(ソース:Daily Mail

 

マルセリーノがロンドン入り

 アーセナルとエバートンの次期監督候補と噂されているマルセリーノが、この週末にロンドン入りしたと報じられています。マルセリーノは今シーズン序盤にバレンシアの監督を解任されていますが、会長とチームの方針を巡って対立していたのが原因のようです。

アーセナルの他にはエバートンも監督候補として考えていると噂されていますが、マルセリーノ側はエバートンの監督就任には興味を示していないそうです。

(ソース:Mirror