Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【プレミアリーグNEWS】小グループでのトレーニング再開を承認

 

小グループでのトレーニング再開を承認

ステージ1のスタート

昨日、プレミアリーグはリーグ幹部と全クラブの代表者、医学の専門家によるオンライン会議を行い、きょう火曜日から小グループでのトレーニングを再開することを全会一致で決定しました。

 

これにより、リーグ再開へ向けたトレーニング・プロトコルのステージ1へ移行します。ステージ1では、各チームはソーシャル・ディスタンスを保ちながらトレーニングを行うことが可能になりますが、接触を伴うトレーニングは禁止です。

 

プレミアリーグのマスターズCEOによると、火曜日の午後2時(現地時間)までに最初のウィルス検査の結果が判明する予定で、結果が明らかになり次第トレーニングが許可されるという流れになるようです。

 

また、マスターズCEOは6月12日のリーグ再開を目指してはいるものの、再開決定に関しては選手のフィットネス・レベルを十分考慮するとも述べています。

 

マスターズCEO

「フルコンタクトのトレーニングの再開時期や、プレーの再開にあたってどの程度までフィットネス・レベルを上げる必要があるのかについて、各クラブときちんと話し合ってきた。それを踏まえた上でシーズンの再開日を決定することになる。

 

(6月12日としている)シーズンの再開予定日を変更した訳ではないが、柔軟に対応する必要がある。ただ、我々はシーズン再開日を延々と延期し続けるようなことはしたくない。

 

そのため、今のところ日程の変更はしていないが柔軟に対応し、着実に段階を踏んでいることを確認していく必要がある。」

 

なお、先日再開されたブンデスリーガでは、リーグ戦再開前の14日間に渡って選手達を隔離する措置が取られています。昨日の会議でもこの件について議論が行われたようですが、各クラブの定期的な検査能力を踏まえて、最終的に却下されたそうです。

 

プレミアリーグの医学アドバイザーを務めるジレット医師は次のように述べています。

 

ジレット医師

「政府からのアドバイスとしては、隔離する場合は14日間行う必要があるということだ。そのため、それを効果的に実施するには14日間に渡ってホテルに隔離する必要がある。

 

この件については選手や監督、クラブ、LMA、PFAなどあらゆる関係者と広く協議・検討していく必要のある問題だと思う。

 

確かにこの件は議論しなければならない。最終的には、特にステージ3に入った場合は、我々は決断を下すことになるだろう。そして、それは誰もが満足するものになると思う。」

 

小グループでのトレーニング

小グループでのトレーニング再開にあたり、プレミアリーグは次のような規定を設けています。

 

  • トレーニング・グラウンドではボールを含めて全ての器具を消毒すること。
  • 各選手にトレーニング・キットを配布し、準備が整った状態でグラウンド入りできるようにすること。
  • 駐車場は3台分のスペースを空けて設置し、各選手に指定された駐車スペースを設けること。
  •  選手を4〜5人のグループに分け、指定されたピッチでトレーニングを実施する。
  • 各選手が時間差で到着する様に、到着予定時間リストを作成すること。
  • トレーニング・グランドに入ることの出来るクラブ職員のリストを作成すること。

 

各選手にもステージ1で行われる厳格なルールを認識させ、徹底される必要があります。

 

SKYスポーツでチーフ・レポーターを務めるブライアン・スワンソン氏は、再開へ向けた第一段階だがリーグ再開へ青信号が灯った訳ではない。接触を伴うトレーニングの再開へ向けては、さらに協議を行うことが予定されている。しかしながら、プレミアリーグ の再開へ向けた重要な一歩になるだろう、と述べています。

(ソース:Sky Sports) 

  

www.afcwatch.com

 

 

スポンサーリンク