Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナルNEWS】オーバメヤン:シティ戦の準備はできている

 

リーグ戦再開後の4試合の日程が決定

6月17日に再開される予定のプレミアリーグですが、再開後のアーセナルの試合日程が4試合分発表されました。なお、キックオフ時間は現地のUK時間です。

 

■6月17日(水)20:15

vs マン・C(A)

 

■6月20日(土)15:00

vs ブライトン(A)

 

■6月25日(木)18:00

vs サウサンプトン(A)

 

■7月1日(水)18:00

vs ノリッジ(H)  

 

なお、試合は全て無観客で行われます。

(ソース:Arsenal.com) 

 

FAカップ・準々決勝の日程が決定

プレミアリーグの日程に続き、FAカップの日程も発表されました。アーセナルは準々決勝に勝ち進んでおり、シェフィールド・Uと対戦することが決まっています。

 

試合はアウェーで6月28日(日)の13時に行われます。なお、試合はBTスポーツが放送予定です。

(ソース:Arsenal.com) 

 

ノリッジのU-21イングランド代表SBに興味あり?

アーセナルがノリッジ・シティのU-21イングランド代表SBマックス・アーロンズ(20)獲得に動いていると噂されています。

 

アルテタは今夏に右SBの補強を希望しており、その中でアーロンズがリストアップされた模様です。アーロンズはノリッジでの印象的なパフォーマンスが高い評価を受けており、シーズンを通して移籍に関する噂が絶えません。

 

ノリッジは現在最下位で、降格争いをしています。ただ、ノリッジとしてはクラブの生え抜きで期待の若手であるアーロンズを、例え降格したとしても、安売りするつもりは無いらしく最低でも3,000万ポンド(約42億円)の移籍金を希望していると伝えられています。

 

ただ、各クラブはコロナ・パンデミックにより財務状況が急速に悪化しており、予算の大幅削減を余儀なくされています。ノリッジも最大で3,500万ポンド(約49億円)の損失が見込まれていることから、 移籍に関する状況は不透明です。

(ソース:Norwich Evening News

 

オーバメヤン:シティ戦の準備はできている

オーバメヤンがオンラインで行われたクラブのチャリティ・イベント『アーセナル・トゥギャザー』に参加し、その中でシティ戦へ向けての意気込みを語っています。

 

オーバメヤン

「(無観客試合が)楽になるのか難しくなるのか分からない。

 

ただ、一つ確かなことは彼らが素晴らしいチームであると言うことだ。それだけで厳しい試合になるよ。スタジアムに(彼らの)ファンが居ないからと言って楽になるとは思っていない。

 

僕らはベストを尽くすだけだ。チームのみんなは体調も良いし、パワーやフレッシュさもあるから、その辺はポジティブだね。

 

選手達はみんな試合をしたいと思っていて、あとはレフェリーのホイッスルを待つだけだ。」 

 

オーバメヤンと言えばゴール後のパフォーマンスが有名ですが、シーズン再開後はソーシャルディスタンス厳守により、接触を伴うセレブレーションは禁止されます。その中で、オーバメヤンは新たなパフォーマンスを考えているようです。

 

 「色々なダンスを試してみようと思ってる。今までとは違うものになると思うけど、みんな(ゴールパフォーマンスを)待っているからね。

 

僕らはフットボールをプレーしたいし、ピッチに戻って自分たちのプレーをしたい。仕事をしたいんだ。

 

みんなと一緒にトレーニングが出来るようになって全員がハッピーだ。僕らはプレミアリーグの再開を待つだけだし、あとは試合に勝って、ゴールを決めたらいろいろセレブレーションしたりして、みんなをハッピーに出来るよう頑張るよ。」

(ソース:Mirror) 

 

アルテタ:これまで以上に強くなった

アーセナルは17日にアウェーのマン・C戦が控えていますが、アルテタは中断期間にチームはさらに強くなったと自信を見せています。

 

アルテタ

「マン・Cへの初凱旋は私にとって特別な日になると思う。

 

サポーターがいないのはとても不思議な感じがするし、スタジアム周辺にどの様なエネルギーが発生するのかも予測できない。

 

選手達には私の声がよく聞こえる様になるだろうから、彼らのモチベーションを高め、以前の様なプレーをするためにも適切なエネルギー・レベルを保つことが重要になってくる。

 

幾つかこれまでと異なる部分もあるし、それに適応するのも簡単ではないけれど、今はあらゆる事を考えて、これからのチャレンジに備える必要がある。

 

フットボールが中断された当時、我々は力強い結果を残しているところだった。我々はファンとの繋がり持ち、過去数ヶ月間に渡って失っていた強い絆を取り戻すことができた。とても嬉しかったよ。

 

サポーターは確かな信念を感じていた。そして、一刻も早く状況を変えたいと言う私の野心を信じてくれた。

 

ここ数ヶ月は個人的にも仕事の上でも、選手達のことをより良く知る機会になったね。

 

この様な厳しい時期だからこそ強い絆が生まれ、全てのスタッフや役員、そしてクラブに携わる全ての人々との間に、本当に素晴らしい絆が生まれたと思っている。

 

だからこそ、我々はリスタートを切ることが出来る力強い立場にあると思うし、正しい道を歩んでいると思っている。

 

まだまだやるべき事はたくさんあるけれど、目標の達成は可能だ。」

 

リーグ戦再開後は45日間で13試合が行われる超過密日程となる予定です。また、FAカップでは準々決勝にも進出しています。

 

「今はまだ動き始めたばかりだが、すぐにウォーキングからランニングへ移行し、全力ダッシュを行う必要がある。

 

これまで積み上げてきた素晴らしい仕事を維持するためにも、一歩ずつ着実に前進するつもりだ。

 

ただ、すでにプレミアリーグの再開は決まったし、まずはシーズンを終えよう。将来について話すのはその後だ。

 

この様な前代未聞の状況下で不確実性がたくさんあるのだから、今後3ヶ月で何が起きるかを予測するのは難しいからね。」

 

なお、アーセナルはリーグ戦再開へ向けてチャールトン、ブレントフォードとの親善試合を計画中らしいです。 

(ソース:The Sun) 

 

www.afcwatch.com

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク