Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナルNEWS】ウィリアン:3年契約を結んだのはCLを制覇するため

 

ウィリアン:3年契約を結んだのはCLを制覇するため

今夏にチェルシーをFAになり、アーセナルと3年契約を結んだウィリアンは、サン紙のインタビューで3年以内にCLを制覇したいと語っています。

 

ウィリアン

「監督と話し合いをした際に、彼はなぜ3年契約で僕を必要としているのかを説明してくれた。まずCL出場権を得るのが目標で、その上で僕との契約が終わるまでに優勝したいと思っていると話してくれた。これは僕が聞きたかった言葉だよ。

 

チェルシーに7年間いたけど、CL以外は全て優勝できたからね。今回の移籍では、僕が獲れていないトロフィーを獲得したいと思っているし、プレミアリーグでも優勝できればと思っている。」 

 

CLで優勝するためにアーセナル行きを選んだと語るウィリアンですが、チェルシーでもその夢を叶えられる可能性があったのではないでしょうか?

 

「そうかもしれないけれど、何処に問題があったのかは皆さんご存知の通りだ。

 

彼らは32歳の僕と3年契約は出来ないと考えていたのさ。僕としてはフィットネスに問題ないことは証明できたと思っていたし、今までと同じレベルで素晴らしいプレーができると感じていたから、3年契約に値すると思っていた。

 

ランパード監督は僕に残って欲しがっていたよ。彼はこれまでよりも多く、僕をスタメンで起用してくれたしね。

 

以前は2試合プレーしたらベンチに座るという感じだった。こういうのも含めてフットボールだというのは理解しているけれど、僕としてはとても楽しくプレーできていたんだ。

 

監督はすごく信頼してくれていたし、僕も恩返ししたいと思っていた。だけど、アーセナルが僕の望むオファーを出してくれたんだ。

 

僕の年齢はまだ大したことないよ。自分としっかり向き合って、正しい生活とトレーニングを行えば、今の選手たちは35歳になってもトップレベルを維持できるんだ。だから僕にとって大した問題じゃない。

 

ブラジル代表のためにもっとプレーしたいと思っているし、次のW杯にも出たいと思っている。アーセナルで良いプレーができれば、そうなると思うんだ。

 

アーセナルは世界屈指のビッグ・クラブだけど、今は別のビッグ・クラブへと変化していると思う。

 

あらゆるタイトルにチャレンジしなければならない。僕はチェルシーで大きな成功を手にしているから、その為に何が必要か分かっている。アーセナルは再び輝くべきクラブなんだ。 

 

ウィリアンにはMLSのクラブからもオファーが届いており、アーセナルより有利な4年半の契約オファーもあったようです。しかし、それを断ってヨーロッパでプレーを続ける道を選びましたが、まだプレミアリーグでのプレーを諦めるのは早いと感じていたそうです。 

 

「僕はここに来て7年になるけど、プレミアリーグは世界最高の場所だと思ってる。だから、これまでスペインやイタリアへ移籍することも無かったんだ。

 

イングランドでプレーするのが大好きだし、アーセナルのようなチームをもっと良くして行けると思っている。

 

僕はスーパーマンじゃないけど、周りの選手達の助けを借りながら良い仕事ができると思う。」

 

なお、今回の移籍には8歳からの友人であるダビド・ルイスが大きな影響を与えたそうです。

 

「ダビドからは毎日、電話でアーセナルへ来いって言われてたよ。アーセナルがどんなに素晴らしいところで、僕にとってどういうメリットがあるのか話してくれた。

 

僕は彼のことをとても尊敬しているから、アルテタ監督のことやクラブの方向性についても耳を傾けて聞いたよ。」 

 

アーセナルとのFAカップ決勝戦は怪我のためスタンド観戦になりましたが、複雑な気持ちだったのではないでしょうか?

 

「それは無いよ、チェルシーに優勝して欲しかったからね。僕はチェルシーのためにプレーしていたし、アーセナル行くかどうかも分からない状況だったからね。

 

だけど、もちろんアーセナルが優勝したのは嬉しいよ。なぜなら、そのお陰でELでプレーできる様になった訳で、これは僕らにとってすごく重要なことだからね。

 

新シーズンでのチャレンジにワクワクしているけれど、チェルシーで過ごした7年間には感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

クラブを去るときにランパード監督と話をして、彼がしてくれたこと全てに感謝を伝えた。

 

チェルシーで過ごした楽しい日々は忘れられないけど、僕を信頼してくれたアルテタ監督とオーナーにも感謝している。その期待に応えたい。」 

(ソース:The Sun

 

オーバメヤンが契約延長交渉に関して爆弾発言?!

先日、兄ウィリーのインスタ・ライブに登場したオーバメヤンが、放送中にアーセナルから契約延長オファーが届いていないことを示唆する発言をしたとして注目を集めています。

 

アーセナルはオーバメヤンに対して週給25万ポンド(約3,462万円)の3年契約をオファーしており合意間近だと報道されていますが、オーバメヤンはこの件について「みんなには紙とペンが見えてるみたいだけど、僕のもとにはまだ紙が無いよ!」と語り、正式なオファーが届いていないことを示唆しました。

 

しかし、最後には「おやすみ!上手くいけば、みんなにとって良いニュースがあるよ」とも語っており、そう遠くないうちにグッド・ニュースがあることも匂わせています。

(ソース:Mirror

 

ウルブスがメイトランド=ナイルズに興味あり?

ウォルバーハンプトンがメイトランド=ナイルズの獲得に興味を示しているらしいです。ウルブス以外にニューカッスルも動向を注視しているとか。

 

アーセナルは補強資金獲得のため、今夏の移籍市場でメイトランド=ナイルズ売却に踏み切ると噂されています。2,000万ポンド(約28億円)前後のオファーがあれば交渉に応じるらしいです。

(ソース:Sky Sports

 

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク