19-20 プレミアリーグ:マン・C vs アーセナル戦プレビュー

スポンサーリンク

 

アルテタ:試合前のプレス・カンファレンス 

シティ戦へ向けたプレス・カンファレンスが、web会議アプリZOOMを使って行われました。 ※一部を抜粋しています。

 

シーズン再開後の初戦を迎える心境について

「まずは(観客の)みんなが居てくれたら良いんだけど、誰にも会えないね! でも、みんな元気でいて欲しい。早く会いたいよ。

 

長いプロセスと様々なステージを経てここまで漕ぎ着けた。だから、今は自分たちのやりたい事に復帰できて、本当にワクワクしてるんだ。

 

上手くいけば僕らは正しい道を進み、それを継続することができる。そのためにも、今はみんながやるべき事をしっかりやることが本当に大切なんだ。」 

 

シティ戦へ向けて、監督はフィットネスと戦術のバランスをどの様に取ってきたのか?

「我々は自分達に課せられている様々な制約に対処しつつ、どの様に働くかを知る必要がある。我々としてはこの環境を最大限に活かそうとしてきた。

 

適切なバランスを見出すことができたと思っているし、何よりも重要なことは選手達が仕事を続けていく中でリスクが殆ど無いか、もしくはかなり限定的なリスクしかないと感じられる安全な環境を提供することだ。

 

我々はなんとかそれを実現することが出来たと思っている。フィジカル面は本当に良い感じだし、メンタル面でもこの3ヶ月間課題に取り組んできた。あとはどれだけ準備が出来たかを見るだけだ。」

 

スカッドのフィットネスについて

「今のところ全員問題ない。明日のトレーニングを見たうえで、適切なチームとスカッドを選ぶことになる。また、ベンチ入りできる選手と交代できる選手の人数が変わっているのでそれも考慮する必要がある。」 

 

ペップ・グァルディオラから受けた影響について 

「そうだなぁ、15歳の時に選手同士としてバルセロナで出会って以来、彼からは影響を受けている。監督としてのキャリアや私生活においても、彼は大きな影響力を持っているね。

 

彼の人となりや価値観、私や選手・スタッフへの接し方について言うなら、本当に驚くべきものがある。コーチとして彼から多くのことを学び、共に素晴らしい瞬間や厳しい時期を過ごしてきたけれど、彼の隣で得られた経験は信じられないものだったね。」

 

オーバメヤンの去就について

「彼のキャリアの中で、これが正しいステップなんだと彼に感じさせることが我々の責任だと思っている。その為には彼が大切に扱われており、自分はチームの一員でり我々が彼を必要としていると感じ、我々は自分達の望む方法でクラブを前進させられると納得してもらう必要がある。

 

そして、彼はその為のキープレーヤーになるだろう。今のところ、私は彼の振る舞いやパフォーマンスに満足しているし、彼とは本当に素晴らしい関係を築けている。それに私の知る限り、彼はクラブに満足しているよ。」

 

契約の状況について

「まぁ状況が異なっていたらもっと早くやりたいところだったが、明らかに我々は時間とコミュニケーションが極めてタイトだった。

 

この前例のない時代は多くの不確実性をもたらしているが、物事は日に日に明らかとなっている。我々はフットボールを再開するし、着実に一歩を踏み出している。」 

 

チャールトン、ブレントフォードとの親善試合について

「観客のいない状況でプレーするのがどう言う感じなのか、安全あ環境で試合に臨む為にはどの様なプロトコルが必要なのか、試合で競い合う感覚を再び味わうと言うことが確認できて有意義なものだった。

 

フィジカル的にも選手達は3ヶ月間フットボールの試合から遠ざかっていたので、プレーする時間を与えたかったと言うのもある。怪我もなく終えることができたので、本当にポジティブなテストになったよ。」

 

プレミアリーグの新ルールによって、多くの若手にチャンスを与えられるか?

「そうなると思う。例えば我々の場合、15日間で5試合、つまり3日に1試合の割合で試合が行われるんだ。準備する時間が極めて短いので、選手達のフィジカルにどの様な影響を与えるか分からない。

 

また、才能ある若手はチャンスを求めているし、彼らを起用しなければならない。他のクラブも同じ様な状況だと思う。短い期間で試合数をこなさなければいけないので、ある段階まで来たら若手を起用する必要があるだろう。」 

 

CL出場権を獲得することで、オーバメヤンに残留を納得させられると思うか?

「CL出場権は誰かを説得するのに役立つとは思うけれど、クラブが我々を支えてくれているのはとてもラッキーな事だと思う。

 

我々の元に来たいという選手は大勢いるが、誰を連れて来たいかという事だけでなく、今いる選手達がどれだけ満足し、自分達が正しい場所にいると感じられるかが重要になってくる。」 

 

オーバメヤンとは話し合ったのか?

「ピエールや彼の家族、代理人とは何度も話し合っている。全ての当事者にとって最適な合意を見出せると私は強く確信している。」

 

ブカヨ・サカの契約状況について

「我々はクラブとして、より緊急で優先度の高い契約を取りまとめようとしている。あなたが話題にしているブカヨとオーバは共に極めて重要な選手だ。今に限らずクラブの将来においてもね。

 

もしクラブから何かの発表することがあれば、適切なタイミングでそれが行われるだろう。」 

(ソース:Arsenal.com

 

【アーセナルNEWS】オーバメヤン:契約延長が何も実現していない理由は取締役会が知っている
  オーバメヤン:契約延長が何も実現していない理由は取締役会が知っている フランスのTV局TF1のフットボール番組「Téléfoot」にオンライン出演したオーバメヤンが、自身の契約延長交渉について語り、何も実現していない理由は取締役会が...

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました