19-20 プレミアリーグ 第37節:アストン・ヴィラ vs アーセナル戦プレビュー

スポンサーリンク

 

最新のチームニュース

■ムスタフィ

土曜日のFAカップ準決勝で右ハムストリングを負傷。現在は回復にどれくらい掛かるか見極めているところで、火曜日のアストン・ヴィラ戦は欠場する見込み。

 

■チャンバース

左膝前十字靭帯の断裂。昨年12月29日のチェルシー戦で負傷。順調に回復が進み次の段階へ進んでいる。現在は屋外でボールを使った軽めのトレーニングに参加している。年内のできるだけ早い時期にフル・トレーニングに復帰すべく努力しているところ。 

 

■レノ

右膝の怪我。6月20日のブライトン戦で、右膝の靭帯に中程度の捻挫を負う。現在は屋外でのランニングとボールを使ったトレーニングを行っている。

 

■パブロ・マリ

左足首の怪我。6月17日のマン・C戦で足首の靭帯に重度の捻挫を負う。現在はスペインに一時帰国中で、専門医の診察と全体的な治療を受けているところ。7月下旬にイングランドへ戻り、9月中のフル・トレーニング復帰を目指しトレーニング・センターでリハビリを継続する予定。 

 

■マルティネッリ 

左膝の怪我。6月21日のトレーニング中に左膝の軟骨を損傷する怪我を負う。関節顕微鏡を用いた修復手術は成功した。現在はトレーニング・センターで専門医の診察とメディカル・チームのサポートを毎日受けている。年内のフル・トレーニング復帰を目指している。 

 

■エンケティア

火曜日のレスター戦で受けたレッドカードにより3試合の出場停止を受けたが、今節からプレー可能になる。

 

■ソアレス

FAカップはカップタイド(今シーズンは既にサウサンプトンで出場していた為、規定によりプレー出来ない)となっていたが、アストン・ヴィラ戦はプレー可能。

(ソース:Arsenal.com

 

アルテタ監督:試合前のプレス・カンファレンス

※一部を抜粋

 

FAカップ決勝はチェルシーとの対戦になったが…

「そうだね。もちろん、彼らがどんなフォーメーションや選手を起用して、どう言うプレーを見せるのか興味があった。

 

全く異なる瞬間があったりして本当に良い試合だったと思う。得点については…何が起きたのか私には正確に分からない。ただ、非常にハッキリしているのは、決勝戦で難敵と対戦することになったと言うことだ。」

 

アストン・ヴィラとの対戦だが、彼らは残留するため必死だと思うが…

「その通りだ。彼らは非常に大きな危機感を持っている。残留するチャンスを得るためには、残り2試合に全勝しなければならない。そういう状況なので、彼らは間違いなく命を懸けて戦い全力を尽くすだろう。

 

ただ、我々の選手達にも彼らと同じ気持ちを持ってもらいたい。なぜなら、我々も残り2試合に全勝して、ELの出場権を得る可能性を残しておく必要があるからね。」

 

チームの状況について

「ムスタフィはハムストリングに違和感を感じたため、チームを離れて状態を評価しているところだ。

 

そのため、彼の状態が判明するのに数日は掛かるだろう。他の選手は問題ない。エンケティアが出場停止から復帰し、カップタイドのため欠場していたソアレスも復帰する。

 

残りの選手については今日彼らの様子を見ることになる。最近は過密日程だったので、彼らの回復具合を見極めなければいけない。もちろんアストン・ヴィラに勝てるチームを選ぶつもりだ。」 

 

リーグ戦も残り2試合となった今の心境は?

「選択肢を残した状態でここまで来たかったし、間違いなくそれが出来ている。今はまだ手中に収めた訳じゃないし困難なことは分かっていた。

 

しかし、我々それをやり遂げて2連勝し、その後どうなるかを待たなければいけない。そうすれば絶好のチャンスが巡って来るだろう。」 

 

カップ戦がスカッドのローテーションに影響を与えるか?

「この数試合で我々はかなり大きな変化を遂げたと思っている。なぜなら、ここ数試合はかなり慌ただしいスケジュールだったが、全員がトレーニングにしっかり取り組み、熱心だった。」

 

選手達にはチャンスが必要だ。でも、みんな良いパフォーマンスなので、私は常に迷ってしまうんだ。 」

 

エジルがアストン・ヴィラ戦でプレーする可能性は?

「メストはトレーニングに参加している。」 

 

彼がプレーする可能性はあるのか?

「それはトレーニングに参加している全ての選手に言えることだ。」 

 

まだエジルが出場するか分からないということか?

「23〜24人の中からスカッドを選ばなければいけないからね。今日の午後に選ぶつもりだ。」

 

アストン・ヴィラについて

「彼らは数多くの試合でアンラッキーだったと言うのが私の意見だ。フットボールをプレーしたいと考えるチームなので、ボールを持たれると相手にとってすごく厄介だ。

 

ファンがグラウンドにいないと言うのも、彼らにとって大きなマイナスだと思う。彼らは私にとってもイングランドでお気に入りのひとチームだからね。

 

彼らがまだ完全に死んでいないので注意が必要だ。彼らの直近の数試合を見ればそれは明らかだよ。我々もしっかり準備をしなければならない。」

 

カソルラがコーチとしてアーセナルに復帰する可能性は?

「私のサンティに対する評価は最高だ。個人的には、まず彼がどう言うタイプの人間で、ドレッシング・ルームに何をもたらしてくれるかと言う点を考えるし、彼が選手としてキャリアを通して何をしてきたかも考える。

 

将来的にコーチ業に就くかどうかは、状況を見守っていく必要があるだろう。今はビジャレアルでの仕事を終えたばかりなので、その瞬間をエンジョイして欲しい。今後については様子見だね。」

 

サンティとアーセナルでの役割について話し合ったのか?

「いや、まだだ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

【アーセナル移籍ゴシップ】セバージョスがローン期間の延長を希望?
  スポルティングCPのU-17ポルトガル代表FWを狙う? ポルトガルでの報道によると、アーセナルがスポルティングCPのU-17ポルトガル代表FWジョエルソン・フェルナンデス(17)の獲得に動いており、4,000万ポンド(約54億円...

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました