20-21 プレミアリーグ 第20節:サウサンプトン vs アーセナル戦の結果速報

スポンサーリンク

 

20-21 プレミアリーグ 第20節

サウサンプトン 1ー3 アーセナル

 

《得点》

サウサンプトン:3’アームストロング

アーセナル:8’ぺぺ、39’サカ、73’ラカゼット

 

【出場メンバー】 

レノ

ベジェリン f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ホールディング

ダビド・ルイス

ソアレス

ジャカ

パーテイ → 78’パーテイ

ぺぺ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain → 90’+2’ウィロック

スミス=ロウ → 72’ウィリアン

サカ

ラカゼット

 

=ベンチ=

ライアン

ガブリエウ

チャンバース

メイトランド=ナイルズ

マルティネッリ

エンケティア

  

ウーデゴール獲得のローン移籍がまもなく正式発表

 

 

移籍情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルとウーデゴールの契約が正式に完了したそうです。 まもなく正式発表される見込みだとか。

 

ムスタフィと契約解除へ向け交渉中?

アーセナルとの契約が今シーズンまでとなっているムスタフィですが、クラブは契約解除へ向けて選手側と交渉を行っているらしいです。

 

今シーズンのムスタフィは殆ど出場機会がなく、リーグ戦での出場は3試合に止まっています。CBに関しては、ホールディングがアルテタの信頼を勝ち取りレギュラーに定着しました。

 

ムスタフィはガブリエウ、ダビド・ルイス、パブロ・マリ、チャンバースより序列が下で、完全にアルテタの構想外となっているそうです。

 

そのため、クラブはエジルやソクラテスと同様に契約解除による放出を検討しているのだとか。

(ここまでのソース:Daily Mail) 

 

ただ、football.londonの報道によると、ムスタフィの父親で代理人を務めるクジティム・ムスタフィ氏はアーセナルとの契約解除を否定したそうです。

 

クジティム・ムスタフィ氏

「我々は2021年6月30日までアーセナルと契約を結んでいる。現時点で契約解除の予定はない。」 

 

ムスタフィは土曜日に行われたFAカップでもスカッド入りしていなかったため、今後どれだけ出場機会があるか不明です。

(ここまでのソース:football.london) 

 

マルセイユのアマヴィに興味あり?

フランスのレキップ紙の報道によると、アーセナルがマルセイユのフランス人SBジョーダン・アマヴィ(28)に興味を示しているそうです。

 

アマヴィとマルセイユの契約は今シーズンまでとなっていますが、現時点で契約延長には至っておらず、このまま行くと夏にFAとなります。

 

契約が残り6ヶ月となったことから自由に選手と交渉を行うことが可能で、アーセナルは既に選手側に接触しているらしいです。

 

アーセナルは本職の左SBがティアニーしかいないため補強に動くとされています。

 

アーセナル以外にはクリスタル・パレスとナポリも興味を示しているそうで、特にクリスタル・パレスが熱心だとか。

(ソース:Metro

 

カソルラが指導者としてのアーセナル復帰を否定せず

2012年から2018年までアーセナルでプレーし、ファンから絶大な人気を誇ったカソルラですが、かつてチームメイトとして一緒にプレーし現在は監督としてチームを率いるアルテタからコーチ就任の要請があったら魅力的な選択肢になると語ったそうです。

 

カソルラ

「将来のことは大切だけど今は考えてないかな。

 

もし僕にそういう機会が与えられて、彼が僕なら力になれると考えているなら、彼と共にコーチとしての経験をエンジョイするために扉は開けておくよ。

 

ただ、現時点でそういう話がある訳じゃない。今後どうなるかは見守るしかない。

 

僕がアーセナルへやって来た時、ミケルはチームの重要な選手だった。僕は言葉が話せなかったし、選手の中でスペイン人は彼だけだったんだ。彼や彼の家族にはとても助けられたよ。

 

僕ら二人はサッカー狂だから二人で試合を観たりしたんだけど、彼にはその時から既にコーチとしての才能があったね。」 

 

現在カタールのアル・サッドでプレーするカソルラですが、引退後に指導者としてアーセナルに戻ってくることはあるのでしょうか?

(ソース:Mirror) 

 

 

20-21 プレミアリーグ 第20節:サウサンプトン vs アーセナル戦プレビュー
  アルテタ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋   土曜日のセント・メアリーズの試合から学んだことは 「どちらのチームも学んだと思う。同じ対戦相手と2回連続で戦いたいと思う選手や監督はいないだろうね。   当然...

  

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました