20-21 プレミアリーグ 第31節:シェフィールド・U vs アーセナル戦の結果

スポンサーリンク

 

20-21 プレミアリーグ 第31節 

f:id:jaguar541:20210412061235j:plain

シェフィールド・ユナイテッド 0−3 アーセナル

 

《得点》

シェフィールド:

アーセナル:33’&85’ラカゼット、71’マルティネッリ

 

【出場メンバー】

レノ

チャンバース

ホールディング

パブリ・マリ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

サカ → 69’ウィリアン

セバージョス

ジャカ

パーテイ

ぺぺ

ラカゼット → 88’エンケティア

マルティネッリ → 83’エルネニー

 

=ベンチ=

ライアン

ベジェリン

ソアレス

ガブリエウ

アゼース

ネルソン

 

ラカゼット:試合後のコメント

ゴールについて

「今夜は我々にとって素晴らしい試合だったと思う。木曜日の試合ではイージーなチャンスを逃してしまったので、今日の試合では自信を取り戻す意味でもゴールを奪いたかった。」

 

試合結果について

「自分達にクォリティがあることは分かっている。時々両サイドでミスを犯してしまうことがあるけれど、今日の試合はとても効率的だったので凄く満足しているよ。」

(ソース:football.london

 

アルテタ監督:試合後のコメント

パフォーマンスについて

「とても満足のいくパフォーマンスだった。素晴らしいゴールを幾つか決めたし、思い通りに試合をコントロールすることができたからね。高いレベルでプレーする事ができたと思っている。」

 

マルティネッリの足首の打撲について

「かなり痛がっていたが、彼はタフな男だ。」 

 

サカの怪我について

「太ももに違和感を訴えていたが、それが何なのかは分からない。怪我ではない事を祈るばかりだ。これ以上、攻撃的MFに怪我人を出す訳にはいかないからね。」

(ソース:football.london) 

 

ライプツィヒのエンクンク獲得に動く?

ドイツでの報道によると、アーセナルがライプツィヒのフランス人MFクリストファー・エンクンク(23)の獲得に興味を示していると噂されています。

 

アーセナルがエンクンクに興味を示すのは今回が初めてではなく、2019年の夏の移籍市場でエメリが獲得を希望していたとも伝えられています。最終的にはライプツィヒへ移籍したため実現しませんでした。

 

そのエンクンクはライプツィヒでの出場機会が少ないことに不満を持っており、今夏の移籍を希望する可能性があるそうです。

 

ライプツィヒも今のところエンクンクを放出リストに載せているらしいですが、契約が2024年まで残っていることや市場価値が4,000万ユーロ(約52億円)とされている事から、獲得は難航するだろうと指摘されています。

 

彼の獲得が実現しなかった場合でも、今夏にFAとなる可能性が高いパリSGのユリアン・ドラクスラーや、ドルトムントで放出要員となっているユリアン・プラントがプランBとして考えられるとか。

(ソース:Daily Express

 

 

20-21 プレミアリーグ 第31節:シェフィールド・U vs アーセナル戦プレビュー
  アルテタ監督:試合前のコメント ※一部を抜粋     チームのリアクションを見たいか 「私としては昨日の試合(※スラヴィア・プラハ戦)でそれを見たかったのだが、間違いないく立ち直ろうとする姿を見ることがで...

  

【アーセナル移籍ゴシップ】バロガンと契約更新、第二のマルティネッリ、リンガードの噂
  最新のチームニュース ■チャンバース 木曜日のスラヴィア・プラハ戦で少し打撲を負ったが、現在はフル・トレーニングに復帰しておりプレー可能。   ■ダビド・ルイス 右膝の怪我。週の頭に発表したように、先週末右膝の小さな処置...

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました