22-23 プレミアリーグ 第5節:アーセナル vs アストン・ヴィラ戦プレビュー

スポンサーリンク

アルテタ監督:アストン・ヴィラ戦へ向けてのコメント

アルテタ監督
「プレミアリーグのチームを見ていると、彼らが如何にフィジカル的なチームかが分かる。ここでの試合は毎回全員にとって闘いであり、それが変わることは無いだろう。

ヴィラはトップチームであり、ビッグ・スカッドを有していて、トップ・クォリティを持った選手と有能な監督がいる。水曜日の試合も再び難しい試合になると考えているよ。

この試合を観て彼らを分析し始めることになる。我々がお互いにプレーしてから、彼らはそれほど変化していないのは間違いない。

試合へ向けていい準備をして行きたいと思っているが、彼らは本当にフィジカル的なチームであり存在感がある。

ボックスの使い方がとても上手いのでタフな試合になると思う。」

 

怪我人の最新情報について

「(前説欠場したジンチェンコとパーテイは間に合うか?と問われ)それは無いだろう。特にパーテイに関しては、どれくらいの離脱になるか判断するのに改めてスキャンを受ける必要があるからね。

だから出番は無いと思う。昨シーズン、パーテイが欠場することになった怪我と似ているが、それほど酷くないことを祈るばかりだ。」

 

開幕4連勝とこれ以上ないスタートを振り返って

「何よりも一番嬉しいのは結果に繋がるパフォーマンスを発揮できていることだね。自分達の戦い方やチームとして伝えたいこと、そしてそれを試合での勝利に繋げていく。

我々が今の位置にいるのには理由があるのだ。

しかしながら、まだまだ改善すべきところはたくさんある。個人としても集団としてもやるべきことは多い。」

(ソース:Arsenal.com

 

エルネニーが長期離脱、パーテイも数試合の欠場へ

Goalのチャールズ・ワッツ氏によると、土曜日に行われたフラム戦でエルネニーがハムストリングを負傷していたそうです。怪我の程度を把握するために現在はスキャンの結果を待っている状況だとか。

パーテイは先週のトーレニングで太ももを痛めて離脱中です。ただ、怪我の予後はかなり良好らしく数週間の離脱で復帰できる見込みのようです。

ただ、水曜日のヴィラ戦や今週末に行われるマン・U戦など数試合を欠場するのは確実とみられています。

ジンチェンコも中盤でプレー出来ますが、パーテイとエルネニーという守備的MF二人が同時に離脱したことで、移籍市場当初から噂されている中盤の選手補強に動く可能性があります。

特にパーテイの欠場はアーセナルにとって致命的です。昨シーズン、パーテイが出場した試合の勝率が66.7%だったのに対して、欠場した試合では42.9%と明かな差が見られるからです。

もしエルネニーが長期離脱になった場合、負傷しがちなパーテイのことを考えると中盤を本職とする選手の補強を行わないのはかなりリスクが高いと指摘されています。

(ソース:Goal.com

 

エルネニーの怪我についてThe Athleticのデビッド・オーンステイン氏によると、怪我は重症で長期離脱になることが予想されているそうです。

そのため、アーセナルは中盤の補強を検討するかもしれないとのこと。

 

【アーセナル移籍ゴシップ】ムドリク、ザハ、オライリーの噂ほか
ムドリク争奪戦が激化/ザハへの関心を復活?/セルティックのオライリーに興味あり?/レアルがアセンシオを放出へ?

 

 

タイトルとURLをコピーしました