Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

20-21 プレミアリーグ 第8節:アーセナル vs アストン・ヴィラ戦の結果速報

 

20-21 プレミアリーグ 第8節 

アーセナル 0−3 アストン・ヴィラ

 

《得点》 

アーセナル:

アストン・ヴィラ:25’サカ(OG)、72’&75’ワトキンス

 

【出場メンバー】 

レノ

ホールディング

ガブリエウ

ティアニー

ベジェリン

パーテイ → 46’セバージョス

エルネニー

サカ

ウィリアン → 65’ぺぺ

ラカゼット → エンケティア

オーバメヤン

 

=ベンチ=

ルナルソン

メイトランド=ナイルズ

ダビド・ルイス

ジャカ

 

選手の評価

レノ:今シーズンのマルティネスは、レノよりも多くエミレーツでのプレミアリーグでクリーン・シートを記録。3失点した。

 

ベジェリン:5 グリーリッシュ相手に一晩中苦戦を強いられた。ボールを持って走る彼に敵わなかったし、全体的にポジショニングも悪かった。

 

ガブリエウ:5 ヴィラのダイナミックな攻撃を抑えるのに苦労した。後半はゴール前で攻撃的な選手としてより危険に見えた。 

 

ホールディング:5 バークリーとグリーリッシュの後手に回る。2点とも彼のサイドからで、イングランド人の二人に掻き回された。本当に残念なパフォーマンスだった。 

 

ティアニー:6 ラカゼットに素晴らしいクロスを幾つか供給したし、彼の労働意欲に疑問の余地は無かった。90分間疲れ知らずにトライし続けた選手の一人。

 

パーテイ:5 前半に太ももを痛めたこともあり苦戦。ハーフタイムで交代。

 

エルネニー:5 オールド・トラッフォードでのパフォーマンスとは対照的。相手のプレーを崩すことが出来なかった。隣にパーテイが必要なことは明らか。 

 

ウィリアン:4 ブラジル人は310分間に渡ってピッチに立っているが、今シーズンのリーグ戦で相手の突破を試みたのは2回だけ(1度は成功)。攻撃をスローダウンさせていた。

 

サカ:5 オウンゴールを決め、試合に殆ど影響を与えなかった。

 

ラカゼット:4 前半はエミレーツのピッチに立っていたどの選手よりも少ないボールタッチ数(9回)を記録し、デュエル勝利数も0/3だった。本当に簡単なチャンスも外した。

 

オーバメヤン:5 今シーズン、オープン・プレーからは1ゴールのみ。孤立してしまっているが、アーセナルのキャプテンにはもっと期待できるだろう。

 

=途中出場=

セバージョス:5 試合への影響は限定的。

エンケティア:5 試合への影響は限定的。

ぺぺ:6 投入されると状況を打開しようとした。素晴らしいクロスを2〜3本供給したし相手に向かっていく意欲もあった。先発出場のチャンスあり。

(ソース:football.london) 

 

パーテイが太ももを痛めてハーフタイムで交代しています。アルテタによると、怪我の程度は不明で明日スキャンを行うそうです。

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク