Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

19-20 プレミアリーグ:マン・C vs アーセナル戦プレビュー

最新のチームニュース

■チャンバース

左膝前十字靱帯断裂。12月29日のチェルシー戦で負傷。手術は成功している。リハビリプロセスには6~9ヵ月掛る見込み。

 

■コラシナツ

右肩の怪我。2月23日のエバートン戦で右肩に大きな負荷が掛かる。3月末のフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ムスタフィ

右太腿の張り。シティ戦前に状態を評価する。

 

■ソアレス

左膝の怪我。3月9日のフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■トレイラ

右足首の骨折。3月2日のポーツマス戦で負傷。 引き続き状態の評価を行っているが、復帰までのプロセスには8~10週間掛かる見込み。

(ソース:Arsenal.com

 

アルテタ監督:プレス・カンファレンス ※一部を抜粋

監督にとってマン・C戦はどれほど特別な試合か?

「とても特別な試合になるだろう。私もあの場所に戻ることに興奮しているよ。素晴らしい思い出やたくさんの友人達、そして多くの関係者がいるからね。だが、今の私は全く異なる立場にあって、反対側のベンチにいるのだ。私は可能な限り自分のクラブを守る。」

 

監督が持つ内部情報がシティ戦の勝利に役立つだろうか?

「彼らが何をしているか、そしてこれから何をしようとして来るかに関して、かなり明確なアイディアをもたらしてくれるとは思うけれど、我々がそれを阻止して彼らに対して問題を突き付けられるかは別問題だ。彼らがベストの状態にあるとき何ができて、どの様なバリエーションを持っているのかを知る必要がある。結局はピッチ上にいる選手たちと彼らのパフォーマンス次第なのだ。」

 

アーセナルは前回のシティ戦からどれだけ進化しているか?

「分からない。その時私はここにいなかったので、舞台裏で何が起きていたのか判断できないからね。今のチームのことはよく知っているし、多くの分野で協力しながら前進していると思う。ただ、他に改善が必要な分野があることも事実だ。」

 

水曜日までにペップと連絡を取るのか?

「まだ取っていない。彼は間違いなく集中しているだろう。彼は昨日(日曜日)にも試合があったからね。私たちは自分の仕事に全力で集中している。それで十分だよ。」 

 

ユナイテッドがシティを撃破したのを目にして…

「あらゆるチームが全く異なるものだし、すべての試合が異なっている。我々はアウェーでプレーするが、彼らはホームでプレーしていた。非常に競争力の高い試合だったと思うし、戦術面から見てもとても素晴らしい試合だったと思う。」 

 

               スポンサーリンク

 

 

CL出場権について…

「分からない。まだ先は長いし、我々としては一試合一試合前へ進みたい。3週間前は不可能な状況だったが、現在では僅かな可能性が見えてきた。しかしながら、実現させるためには結果とパフォーマンスが求められる。」

 

シティに勝てる可能性は?

「ベストを尽くす必要があることは確かだ。エティハドでの彼らとの対戦でも勝てるチャンスはあると思うが、その為にはベストを尽く必要がある。我々はプロセスやレベルの二つが異なると思う。現時点では、それらを個別だったりひとまとめにして管理する必要があるだろう。まずはベストを尽くすことだ。」 

 

ラカゼットはスタメン出場するのか?

「それは彼がゴールを決めたかどうかではなく、どの様に日々のトレーニングをこなしているかによる。彼の努力やゴールを決めなかった試合でもどういうプレーをしていたかだ。彼はトレーニングで常にベストを尽くしており、取り組む姿勢も素晴らしい。ただ、それは他の選手達にも言えることなので全員にチャンスがある。」 

 

サカの将来について…

「クラブはやるべき事をやっていて、話し合いをしている。解決することを願うばかりだ。」

(ここまでのソース:Arsenal.com

 

トレイラについて…

「そうだね、私は彼のシーズンが終わったとは思いたくない。ルーカスは本当に熱心に取り組んでいるし、今シーズン再びプレーしたいと思っているだろう。それが現実的な話かどうかに関わらずね。2~3週間後にはどうなるか分かるだろう。骨がどの程度治癒しているか、リハビリはどうだったかなど現時点では殆ど分からないからね。」

 

ソアレスのデビューは?

「セドリックとムスタフィはプレーできると思う。火曜日には全員がプレーできる状態になる。可能な限りベストな選手を集めてスカッドを選びたい。」 

(ここまでのソース:Arsenal.com) 

 

www.afcwatch.com