Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

20-21 プレミアリーグ 第1節:フラム vs アーセナル戦の結果

 

20-21 プレミアリーグ 第1節

フラム 0−3 アーセナル

 

《得点》

フラム:

アーセナル:8’ラカゼット、49’ガブリエウ、57’オーバメヤン

 

【出場メンバー】 

レノ

ホールディング

ガブリエウ

ティアニー

ベジェリン

エルネニー

ジャカ → 78’セバージョス

メイトランド=ナイルズ

ウィリアン → 75’ぺぺ

ラカゼット → 87’エンケティア

オーバメヤン

 

=ベンチ=

メイシー

コラシナツ

ウィロック

サカ

 

アルテタ監督:プレス・カンファレンス

ガブリエウとウィリアンについて

「そうだね、二人とも非常に良かったと思う。当然ながらウィリアンの場合は少し事情が異なる。なぜなら、彼はリーグやこの国について熟知しており、ここに定住しているからだ。そのため、直ぐに彼本来のパフォーマンスを発揮してくれると思っていた。

 

それに対してガブリエウは、この半年間まったくフットボールをプレーしていなかったので、彼にとって今日の試合は大きなチャレンジだった。それでも彼は素晴らしいパフォーマンスを発揮したね。」

 

ガブリエウにはデビューまで数週間の猶予を与えた方が良かったと思うか?

「理想を言えばそうだね。彼はチームに加わって数日間トレーニグに参加しただけだし、フィジカル的にも6ヶ月も試合に出ていないので怪我のリスクもあった。

 

しかしながら、彼がフィジカルに優れたプレーを披露したことは称賛に値する。気持ちよくプレーしていたので今日の彼は手がつけられなかったと思うよ。」 

 

セバージョスとエンケティアがウォーミングアップ中に揉めていた様だが…

「私は室内に居たので何も見ていない」 

 

ウィリアンの獲得がぺぺのモティベーションになるか

「まぁニコ(※ぺぺの愛称)だけでなく、今日の試合でベンチに座っていた選手達や、ホームに残してきた選手達も同じだと思う。彼らがレベルアップして行けば、自ずとチームやクラブのパフォーマンスも向上するので、私としては彼らにそれを期待している。

 

トレーニングに対する選手達の取り組み方には満足しているけれど、スカッドの人数を18人までとする新ルールにより、選手選びが複雑化し難しくなってきている。」 

 

完璧とも言える開幕戦の結果と選手達のパフォーマンスについて

「そうだね、これ以上ないくらいだ。選手達にとっても自信や信念、そして早くグループが安定化するためにも非常に良かったと思う。

 

新選手が加入してくると常にチャレンジは付き物だが、今日のプレー内容や選手達が見せた献身的な姿勢は本当に素晴らしかった。」 

(ここまでのソース:Arsenal.com) 

 

3P獲得&クリーンシートについて

「無失点での勝利はいつだって良いものだ。我々としては、今シーズンの初戦で少しでもアピールしたいと考えていた。我々の試合が一番最初だったので…他のチームは我々の結果を見てから試合が始まる。

 

そう言うこともあって、アウェーで3-0の勝利を収められたのは素晴らしいスタートだと思う。」

 

ウィリアンとガブリエウのプレーについて

「ウィリアンについてはチェルシーと対戦したのでよく知っている。彼は素晴らしい才能の持ち主なので、チームに加ってくれて嬉しいよ。

 

今日の彼は我々が契約をした理由をしっかり示してくれたし、ガブリエウは岩の様に堅固だったね。彼は全ての空中戦を制し、ゴールで試合を締めくくった。」

 

夏に勢いを付けたいか

「もちろんだ。トロフィーで昨シーズンを締めくくり、コミュニティ・シールドを制してシーズンをスタートさせた。我々は自信を付けてきているので、このまま連勝して行きたいね。」

(ここまでのソース:Arsenal.com) 

 

マルティネスがアストン・ヴィラへ移籍

BBCによると、マルティネスがアストン・ヴィラへ移籍するため、ヴィラのメディカル・チェックを受けた様です。移籍金は2,000万ポンド(約27億円)とのこと。

 

昨日の開幕戦でマルティネスはスカッドに入っていなかったため、移籍が決定的になったと見られていました。

(ソース:BBC

 

なお、SKYスポーツによると移籍金は1,600万ポンド(約22億円)+出来高で総額2,000万ポンドという事らしいです。

(ソース:Sky Sports

 

開幕戦に快勝! 

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク