Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

20-21 プレミアリーグ 第2節:アーセナル vs ウェストハム戦プレビュー

 

最新のチームニュース

■ チャンバース

左膝前十字靭帯の断裂。12月29日のチェルシー戦で負傷。チームメイトと一緒に屋外でのランニングに参加したり、ボールを使った軽めのメニューをこなしている。10月中のフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ ダビド・ルイス

首の痙攣。順調に回復しており、フル・トレーニングに復帰している。

 

■ パブロ・マリ

左足首の捻挫。6月17日のマン・C戦で負傷で重度の捻挫を負う。ボールを使った軽めのトレーニングや屋外でのランニングと言った強化プログラムを継続中。9月末までのフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ マルティネッリ

左膝の怪我。6月21日のトレーニング中に負傷。関節顕微鏡を用いた左膝の軟骨修復手術は成功。現在はロンドン・コルニーでリハビリと強化プログラムを日々こなしている。年末頃のフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ ムスタフィ

右ハムストリングの怪我。7月18日のFAカップ準決勝で負傷。怪我の直後に軽微な手術を受けている。ボールを使った軽めのトレーニングや屋外でのランニングと言った強化メニューを継続中。10月中のフル・トレーニング復帰を目指す。

 

■ スミス=ロウ

トレーニング中に右肩を負傷。現在は保護スリングも外れており、2週間以内のフル・トレーニング復帰を目指している。

 

■ ソクラテス

右ふくらはぎの怪我。来週のフル・トレーニング復帰を目指す。

(ソース:Arsenal.com

 

アルテタ監督:プレス・カンファレンス

※一部を抜粋

最終的にオーバとの契約延長が決まったことは、どれだけ素晴らしいことなのか

「そうなるとハッキリ分かっていたので、私自身は多少リラックスできていた。とは言うものの、我々の条件でオーバを納得させクラブに留めることが出来て本当に良かったと思っている。

 

彼や彼の周囲の人達も情熱と決意を持って我々のクラブに残ることにしてくれた。彼らは我々が成し遂げてきたことや、みんなの反応を見てとても満足している。何より、我々のファンが彼の残留をとても喜んでいるからね。」

 

彼との契約延長は監督が今夏にやりたかった契約の一つか?

「その通りだ。この達成のためには多大な努力とクラブの尽力が必要だった。そして、それが契約実現のカギとなったのでサポートにはとても感謝している。

 

彼の様なレベルのストライカーは代わりを見つけるのがとても困難で心配していただけに、私としても非常に嬉しいよ。」 

 

オーバ残留にミケルが果たした役割は?

「オーバが残留を決めた最大の理由は、我々のところには信じられない様なフットボール・チームやクラブがあり、素晴らしい人々が働いていて、ファンが大きな愛情を注いでくれていると実感したからだと思う。

 

私は自分の職務を果たしたまでだ。我々が何をしようとしているのか、そして我々が構築しているものに彼がどれだけ重要な役割を果たしているかを説明した。

 

また、クラブの功績も称えなければいけない。彼の残留に必要なプロジェクトとパッケージを提供してくれたからね。」 

 

オーバには欧州のビッグクラブからもオファーが届いたのか?

「Yes、だけど我々のクラブだってオファーしてきたクラブと同じくらい大きい。私が言いたいのは最も重要なのはクラブであり、我々が何をインスパイアするか、クラブとしての我々は何者なのか、将来的に何を達成できるのかだ。

 

そして、選手たちが我々のプロジェクトを信頼してくれる様に、私達がやろうとしている事をどの様に説明するか、と言うことなんだ。」 

 

さらなる補強を行うためには選手の売却が必要なのか

「我々は常に最も効率的な方法でチームの調整を行う様にしている。現時点ではその両方を行う必要があるけれど、それを達成するための時間はまだ十分残されている。また、我々がやろうとしていることは極めて明確だよ。」 

 

新たなGKとの契約について

「エミの退団が大きな損失であることは間違いない。誰もが彼がクラブの為にしてきたことや、彼自身もベストを尽くして欲しいと思っているはずだ。しかしながら、我々は彼の後任を探さなければいけない。

 

マーケットで探しているところだが、間も無く新たな契約を発表できる状態になるだろう。」

 

どれくらいで発表されるのか

「そこまでは分からないよ。フットボールの世界では数時間が数日になることもあるし、可能性が殆ど無いように見えたものがいきなり実現したりする。つまり、残念ながらその質問には答えようがない言うことだ。」 

 

GKは1〜2名の獲得が必要になるのか

「第三GKのポジションがどうなるかにもよるけれど、ここ数ヶ月に渡っていろいろな話をしてきたし、マーケットもまだ開いている。それに状況が変わることだってあるからね。」

 

中盤のビッグ・ネーム獲得の噂について

「質問はありがたいが、残念ながらクラブに在籍していない選手についてコメントすることは出来ない。」

 

ウェストハムの脅威をどう評価しているか

「常に脅威だよ。3月の対戦がいい例だ。なんとか勝利することが出来たけれど、難しい試合だったし課題も多かった。特に敗戦後のチームというのはさらに脅威度が増すのが常なので、しっかり準備しておく必要がある。」 

 

ピッチ全体でのポジション争いについて

「そうだね、我々としてはそれを作り出したいと思っているが、週に1試合しかない場合だと、監督としてそれに対処するのか難しい日もある。

 

しかし、選手がどの様にトレーニングに取り組んでいるか、互いに競い合っているかを見るのは素晴らしいことだけれど、(監督が)どんな決断が下されようとも選手たちが互いにサポートし続けることが何より重要なのだ。

 

それにより、良好な関係を保ちつつ自然な競争を維持することができる。」 

 

ウェストハム戦へのアプローチについて

「彼らには多くの強みがあるが、弱点もいくつか存在する。監督のデイビッドのことはよく知っているし、明日の試合で何をやってくるかも分かっている。タフな試合になるだろう。明日は厳しい試合になると予想している。」

 

コロナで陽性反応が出る前最後の試合もウェストハム戦だったが、その試合は監督にとってどれほど重要だったのか

「もうだいぶ前の話だよ。ただ、試合を振り返ってみると、あの日、あの試合で勝てたのはラッキーだったと思う。彼らは多くの問題を引き起こして来たし、我々は彼らの脅威に関する重要な部分をコントロールできなかったからね。

 

明日の試合ではもっと良い内容のプレーをしなければならない。」 

 

オーバとの契約更新を終えた後の長期的なプロジェクトについて

「そうだね、フットボールでは長期的な部分について数多くの素晴らしい考えを保つことが出来る。だが、現実には日々の決断と結果、そして時には自分のコントロールの及ばないことも起きるんだ。そして、それらが将来を決定付ける大きな要素となる。

 

今のところ私が感じていることとしては、クラブのトップであるオーナーから役員、エドゥ、私、そして周りのスタッフに至るまで、我々がやろうとしている事に全員が賛同しているという事だ。

 

我々はしっかりと団結できており、未来へ向けて前進できる優位な立場にあると思っている。しかし、繰り返しになるけれど、我々が求めているのは明日と今日のトレーニングであり、可能な限りチームを維持・向上させて成功をもたらし、ファンの皆さんに喜びと幸せをもたらす持続可能なモデルを構築することだ。」

 

レノを正GKに選びエミを放出したのは、監督としてのキャリアの中で最も難しい決断だったか?

「まぁ私はこのクラブに来てからたくさんのチャレンジをしてきたよ! もちろん、その一つとして大変ではあったけれど、ある程度想像できていたんだ。水面下で物事が進んでいるという話が何度かあったからね。

 

だから、エミがどうなるかはある程度分かっていた。彼とは何度も話し合ったし、全員にとって良い形で終わったと思う。我々はベルントをスタメンで起用すると決めていたからね。」 

 

ベルントが長期的なオプションだと確信した理由について

「私は二人にどちらが1番・2番なのかという事ではなく、他のポジションと同様に競争しなければならないとハッキリ伝えた。

 

公平を記すために言っておくと、ベルントはブライトン戦で負傷するまで本当に素晴らしかったし、エミは出場した全ての試合で結果を出し、トロフィー獲得に貢献してくれた。

 

しかしながら、結果的にこのことが激しい競争を生み出す事になり、両者とも大きな期待を持っていたので、我々としてはそれに対処する必要が出てきたんだ。

 

我々は極めてオープンな状態でこの件ついて議論しようと考えていたのだが、最後はエミの元に本当に素晴らしいオファーが届いたんだ。長期的・短期的に見て彼の目標にピッタリの内容だったので、我々は彼の退団を許可することにした。」 

 

コラシナツが家族の事情によりレバークーゼンへ移籍するという報道がなされているが、その様な状況で移籍を阻止するのは難しいのでは?

「どんなケースもまずは個別に内容を把握する必要があると思う。まずは彼らが退団したいと思っているのか、その理由は何なのかを理解しなければならない。

 

もし彼らが変化し、より多くのものを与える手助けになるのであれば、選択肢を最大限活用する必要があるだろう。また、それが明らかに自分ではどうする事もできず、手助けも出来ないのであれば、ドアを開けるしかない。

 

しかしながら、いつ・どうするかはクラブが決める事であり、契約している選手は適切な金額で適切なクラブへ行く必要があると思っている。」

 

監督はセアドがこの移籍市場で退団すると考えているのか?

「今のところは直ぐに移籍する選手はいないと考えている。それが私の立場だ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

  

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク