Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

19-20 プレミアリーグ:シェフィールド vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

19-20 プレミアリーグ 第9節

 シェフィールド・ユナイテッド 1−0 アーセナル

 

《得点》

シェフィールド:31’ムセ

アーセナル:

 

【出場メンバー】 

レノ

チャンバース

ソクラテス f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

ダビド・ルイス

コラシナツ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

グエンドゥジ

ジャカ → 69’ラカゼット

ぺぺ → 78’マルティネッリ

ウィロック → 46’セバージョス

サカ f:id:jaguar541:20141105063214g:plain

オーバメヤン

 

=ベンチ=

マルティネス

ホールディング

ティアニー

トレイラ

 

 

エメリ監督:プレス・カンファレンス

残念な夜となってしまったが…

「グッド・イブニング。Yes、我々はこの結果にとても失望している。こういう結果になってしまったが、次は我々が90分間どのように試合をマネージメントしたかが問題になる。実際のところ、我々は相手より多くのチャンスを作り出していたし、良いチャンスも作れていた。しかし、今夜の試合では勝つために必要な効率性を発揮できなかった。我々は相手が望んでいた以上のCKを与えてしまったし、彼らはそれを活かしてゴールを決めた。その上、彼らはもっとプッシュしてきてさらにCKをゲットした。

我々も多くのCKを得ていて彼らが7〜8本なのに対して12本だった。我々にも決定的なチャンスはあったし、ソクラテスに対する明らかなPKもあった。VARはこういう時のために実装されたものだろう。我々のファースト・チャンスは本当に決定的なものだった。あの時のぺぺがキーになったと思う。なぜなら、彼らはプレミアリーグの中でリバプールと同様に7失点しかしていない堅守を誇るチームだから、もし彼らに先制点を奪われたらその堅守を発揮してしっかりと守られてしまう。

 

後半はチャンスを掴むのが容易ではなかった。我々はボールを持ってポゼッションを維持できたと思うが、彼らがメートル単位で立ちはだかった。我々にも得点チャンスはあったけれど、同点に追いつくゴールを決めて勝利へ繋げるということができなかった。我々には引き分け以上の価値があったと思うし、負けて当然だとは思っていない。だが、シェフィールドの働きぶりは称賛に値すると思う。また、彼らにはサポーターの後押しを受けて必ず結果を出すという強い意思を感じた。もちろん、我々もしっかり働いたと思うし、選手たちの姿勢や努力は素晴らしかったと言える。この結果は相応しくない。」 

 

ソクラテスの場面でVARが実施されなかったことについて説明はあったのか?

 「私はベンチにいてその場面を完璧に見ていた。彼はヘッドで競り勝っていたので明らかなPKに見えた。VARの存在意義はこういう時のためだろう。私の言い分についてはあの場面を見直してから決めたい。ただ、レフェリーにも助けは必要だと思うし、VARはそのためにあると思っている。」

 

アウェー問題を繰り返していることについて…

「そうだね。だが、本当に今夜の試合では90分間に渡って全力を尽くしたし、我々が試合をコントロールできていたと思っている。我々の方がポゼッション・チャンス数・シュート数で上回っていた。それに、例えばぺぺの状態は上向いており一歩ずつだが良くなっている。次のステップはゴールを奪うことだ。今夜の試合で訪れたこれ以上ない決定的な場面は、これまでの彼だったら普通にゴールを決めていたはずだが、今夜は効率的にゴールを決めることができなかった。彼はこの他にも重要なシュートを2本放っている。彼の状態は良くなっているし、我々との連携にも自信を持っている。

 

だが、これはプロセスの一つに過ぎない。他の選手、例えばブカヨ(・サカ)は、今夜の試合でもう一歩先へ行った。CKから失点したとき自分達を責めることはできるかもしれない。彼らがCKからゴールを奪うこともあるだろう。しかし、何よりも重要なことは一貫性を保つことであり、我々は今夜の試合で3Pを逃してしまった。我々は敗戦に値しないというのが私の見方だが、実際は敗れておりそれが現実だ。日曜日のクリスタル・パレス戦へ向けてポジティブさを失ってはいけないと思う。本当に今シーズンは順位間の差が小さい。我々のいる位置にも多くのチームが集中しているし、3位に入る絶好のチャンスを逃したことも分かっている。それでも我々は日曜日の試合へ向けてハードワークを行う。」

 

ユングベリに何があったのか?

「彼はアシスタント・レフェリーと話をしていたのだが、レフェリーは彼にイエローを提示する判断をしたようだ。」

 

ベストなスタメンをどう考えているのか?

「正直、分析をして改善するというのが今夜の私の視点だ。守備面については、試合開始から相手がプッシュしてきたが、我々は彼らを止められなかった。そこまで多くのチャンスを与えた訳ではないが、彼らはCKをゲットしてそこからゴールを奪った。我々の方が彼らを上回っていたと思うが、彼らはそういう状況でも強さを発揮するチームであり、それを活かして試合に勝つことも分かっている。90分間を通してのその他の場面については、より多くのチャンスを作るために場面に応じてコントロールできていたと思う。今夜の試合ではゴールを奪えなかったけれど、他の試合で今夜と同じプレーをしたらもっと簡単にポイントを獲得できたはずだ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

ベンゲルが来日中

昨日(21日)からベンゲルが来日中です。24日にマネジメント契約を結んている吉本興業のヨシモト∞ホール(渋谷)で講演を行うなど、1週間ほど滞在して様々な講演活動を行う予定らしいです。 

ヨシモト∞ホールのHPを見てもベンゲルの講演について何も記載されていないので、一般の方が観覧できるのか不明です。他の講演日程について調べてみても、詳細が分からないのでチケットがあるのかどうかも謎です…。ご存知の方がいましたらTwitterの方へ情報をお寄せください!

 

【追記】

ベンゲル講演会について、さっそくTwitterで次のような情報をお寄せいただきました。ありがとうございます!

抽選制だったみたいです(知らなかった)。当選された方々の報告を今から楽しみにしています!!

 

 

 

THE WENGER REVOLUTION: Twenty Years of Arsenal ヴェンゲル20周年 アーセナル写真集