【アーセナル移籍ゴシップ】パーテイ獲得はエドゥが主導? 

スポンサーリンク

 

パーテイ獲得はエドゥが主導? 

フランスのレキップ紙の報道によると、アーセナルによるパーテイ獲得はエドゥの主導によって行われたらしいです。

 

アーセナルは今夏の移籍市場でリヨンのフセム・アワールとアトレティコ・マドリーのパーテイの双方に強い関心を示しているとされていました。アーセナルはアワール獲得オファーを出したもののリヨン側に拒否されたため、移籍市場の最終日にバイアウトを行使してパーテイを獲得しています。

 

エドゥはパーテイの獲得後のコメントで、数ヶ月前からラブコールを送っていたことを明かしています。しかし、レキップ紙によると、アルテタはパーテイよりアワールの獲得を優先させて欲しかったらしいです。 

 

アルテタはアワールの獲得を主張していたらしいですが、クラブとしてアワールとパーテイのどちらに資金を投入するかという判断は、エドゥの意見が優先されたとのこと。

 

アーセナルは先日行われたレスター戦で、ゴールに迫るクリエイティブさに欠けていました。前半は決定的な場面を作れていましたが、後半に入ると殆ど相手ゴールを脅かすことが出来ない状況でした。アルテタも試合後のコメントで、チームにクリエイティブさが足りなかったことを認めています。

 

アワールはパーテイよりもクリエイティブな選手であることから、もしアワールを獲得していた…という論争は今後も続くかもしれません。

(ソース:Daily Express

 

アーセナルは今もアワールに興味あり

イタリアでの報道によると、アーセナルは現在もリヨンのフセム・アワールに強い関心を持っているらしいです。しかし、ユベントスが猛烈な追い上げを見せているのだとか。

 

ユベントスはラムジーのバックアップ、もしくは後継者としてアワールに注目していると報じられています。

 

また、リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長とユベントスのアンドレア・アニェッリ会長はとても親しく、二人の間で交渉が円滑に行われる可能性があると指摘されています。

 

なお、ユベントス以外にパリSGもまだ興味を示しているそうです。

(ソース:The Sun) 

 

ムスタフィが今シーズン限りでの退団を決意か

アーセナルとの契約が今シーズンまでとなっているムスタフィですが、クラブからの契約延長オファーを断り、今シーズン限りでの退団を決意したと噂されています。

 

昨シーズンのムスタフィはエメリの下では戦力外の扱いで全く出番がありませんでしたが、アルテタの就任後はコンスタントにプレーしており、シーズン終盤の17試合のうち15試合でスタメン出場していました。

 

なお、今シーズンは昨シーズン最終盤に負った怪我の影響で長期離脱が続き、最近フル・トレーニングに復帰したばかりです。

 

ムスタフィは昨年1月にドイツを拠点に活動するエージェントを新たに雇っています。また、妻の家族が住むスイスに近いイタリアでプレーしたいという希望を持っているらしいです。

(ソース:football.london)  

 

 

【アーセナルNEWS】アルテタ監督:レスター戦後のプレス・カンファレンス
  アルテタ監督:レスター戦後のプレス・カンファレンス パフォーマンスについて 「フェアに見ても、前半に我々が示したプレスの掛け方や、そしてそのプレッシャーを掻い潜りチャンスを創り出せる相手に見せた攻撃性に満足している。  ...

  

【アーセナル移籍ゴシップ】ムスタフィがブンデスリーガ復帰を示唆
  ムスタフィがブンデスリーガ復帰を示唆  アーセナルとの契約が2021年までとなっており、今夏の退団も噂されているムスタフィですが、Sport Bildの取材に対して将来的にはブンデスリーガに戻りたいとコメントしたようです。   ...

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました