【アーセナル移籍ゴシップ】ソロモン、エドゥアール、エジル、ソクラテスの噂

スポンサーリンク

 

シャフタール・ドネツクのソロモンに興味あり?

アーセナルが夏の移籍市場での獲得を念頭にシャフタール・ドネツクのイスラエル代表WGマノー・ソロモン(21)のスカウティングを行っているそうです。

 

ソロモンは過去2シーズンのCLではマン・Cやレアル・マドリー相手にゴールを決めるなど印象的な活躍を見せています。また、イスラエル代表としてもネイションズリーグで活躍しており、主要リーグのクラブから注目を集める様になりました。

 

なお、ソロモンとシャフタール・ドネツクの契約は2023年12月までとなっているため、獲得には相応の移籍金が必要になると見られています。

(ソース:The Guardian

 

セルティックのエドゥアールへの興味を再燃か?

アーセナルがセルティックのフランス人FWオドソンヌ・エドゥアール(22)への興味を再燃させるかもしれないと噂されています。エドゥアールは今シーズンも好調で、ここまで全ての大会を通して23試合11ゴールと活躍しています。 

 

そのエドゥアールですが最近エージェント事務所を変更したことが明らかとなっています。新たなエージェントはステラ・グループらしく、ここはティアニーと同じエージェントです。 

 

ステラ・グループは大物代理人のジョナサン・バーネット氏が率いるエージェント事務所で、移籍情報の専門家イアン・マクギャリー氏によるとロンドンに本拠地を置くクラブと特に繋がりが深いそうです。

 

事実、ティアニーのアーセナル移籍を主導したのはステラ・グループのシニア・エグゼクティブ・エージェントだったようです。エドゥアールがティアニーの移籍〜現在の活躍を見て考えを改めたのかは不明ですが、プレミアリーグへの移籍を希望していることは間違いないと同氏は語っています。

(ソース:football.london) 

 

フェネルバフチェの幹部がエジル獲得に近づいていると語る 

フェネルバフチェでスポーツ・ディレクターを務めるエムレ・ベロゾール氏が、エジル獲得という夢の実現が近づいていると語ったそうです。

 

エムレ・ベロゾール氏

「メストには所属クラブとの契約がある。彼はスーパースターだ。彼はこれまでプレーした全てのクラブのあらゆる試合でゴールに貢献してきた。フェネルバフチェにその様な選手がいてくれたら私も非常に嬉しい。

 

我々は彼や彼の代理人と話し合いを行った。メストの獲得にこれまで以上に迫っていると思う。メストが子供の頃から(フェネルバフチェでプレーしたいという)夢を持っていたこと、そしてフェネルバフチェもその夢を共有したことから、初めて実現可能なものになった。

 

メストが所属クラブとの話し合いを終えた後で我々との話し合いを行うことになる。我々の望む条件でメストが所属クラブと合意してくれたら、今年は我々の資金面での上限を超えることは無いだろう。

 

フェネルバフチェも他のクラブと同様に、今となっては400万〜500万ユーロ(約5億〜6億円)でフットボール選手と契約する力が残っていない。

 

(賃金構造の)バランスを崩したり他の選手の給与に影響を与えるような金額は出せないし、そもそも払えないからね。」 

 

エジルに関しては本人や代理人がフェネルバフチェへの移籍希望を公に語っているほか、フェネルバフチェの会長も獲得に動いていることを認めています。 

 

あとは、アーセナルとエジルが残り半年の給与をどうするかで合意点を見つける必要があります。

(ソース:Goal.com

 

ジェノアがソクラテス獲得を断念か?

移籍情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ソクラテスの獲得に動いていたジェノアですが選手側が未だオファーを受け入れる姿勢を見せないため、獲得できるという自信が無くなっているそうです。 

 

そのため、レッドブル・ザルツブルクのジェローム・オンゲネ獲得に動いており、合意間近らしいです。

 

 

 

 

【アーセナル公式】ホールディングと契約延長で合意
  ホールディングと契約延長で合意 アーセナルはロブ・ホールディングと契約延長で合意したと発表しました。新たな契約は2024年までとなり、さらに1年間の契約延長オプションが付いていることも発表されています。なお、給与は非公表です。  ...

  

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました