【アーセナル移籍ゴシップ】ザカリア、セバージョス、エルネニーの噂

スポンサーリンク

ザカリアの獲得に興味あり?

アーセナルがボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(24)の獲得に興味を示していると噂されています。

ザカリアとボルシアMGの契約は今シーズンまでとなっていますが、契約延長交渉が難航しており未だ合意には至っていません。

年明け1月からは海外クラブと自由に交渉できる様になることから、アーセナルも参戦するのでは?と報じられています。

ザカリアはスイス代表でジャカの後継者と目されている選手で、CMFだけでなくCHとしてもプレーすることが可能です。

なお、ザカリアが希望している給与は週給8万ポンド(約1,247万円)程度だとされています。

(ソース:The Sun

 

今もセバージョスの動向を注視?

Embed from Getty Images

 

スペインのEl Nacionalの報道によると、アーセナルはレアル・マドリーのダニ・セバージョスの動向を今も注視しているらしいです。

アーセナルは2019-2020シーズンと2020-2021シーズンの過去2シーズンに渡り、レアルからセバージョスをローン移籍で獲得しました。その間、セバージョスは77試合2ゴール5アシストという成績を残しています。

今夏の移籍市場でアーセナルは、同じくレアルからウーデゴールを獲得する決断を下し、セバージョスを完全移籍で獲得するのを見送っています。

しかし、アーセナルは今もセバージョスの動向を注意深く監視しているのだとか。来年1月にはアフリカ・ネイションズ・カップの開催に伴いパーテイが不在になります。

さらに、ジャカの長期離脱に加えてエルネニーとメイトランド=ナイルズの移籍も予想されています。そのため中盤の選手層が薄くなってしまうことから、セバージョスへの関心を持ち続けているそうです。

一方のセバージョスですが、夏に足首を負傷して離脱中のため今シーズンはまだプレーしていません。ただ、レアルの中盤は選手層が厚くセバージョスが割って入るのは簡単ではないでしょう。

セバージョスにはアーセナルの他にレアル・ベティスやユベントス、ASローマなども興味を示しているそうです。なお、セバージョスとレアルの契約は2023年までとなっています。

(ソース:TEAMtalk

 

ガラタサライとエルネニーの移籍で合意?

トルコのSporxによると、アーセナルとガラタサライが1月のエルネニーの移籍で合意に達したらしいです。エルネニーは以前、フェネルバフチェ移籍の噂がありましたが、ガラタサライ行きを選択したようです。

アーセナルとエルネニーの契約は今シーズンまでとなっており、週給5万ユーロ(約662万円)ほどを受け取っています。エルネニーを放出することで、アーセナルはその分の給与負担を減らすことができます。

エルネニーは2016年にバーゼルからアーセナルに加入し、現在まで133試合に出場しています。

(ソース:Sport News Africa

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました