【アーセナル公式】トレイラがフィオレンティーナへローン移籍

スポンサーリンク

トレイラがフィオレンティーナへローン移籍

f:id:jaguar541:20210826065401j:plain

アーセナルはルーカス・トレイラがシーズン・ローンでフィオレンティーナへ加入すると発表しました。

トレイラは2018年の夏の移籍市場でサンプドリアからアーセナルに加入すると、現在まで通算89試合に出場しています。また、2020年にはFAカップ制覇も経験しています。

なお、昨シーズンはアトレティコ・マドリーへローン移籍し、リーグ戦19試合に出場しています。

(ソース:Arsenal.com

なお、football.londonの報道によると、ローン移籍には買取オプションが付帯しているほかアーセナルはローン手数料として120万ポンド(約1.8億円)を受け取るそうです。

(ソース:football.london

リヨンはアワールのローン移籍を容認か?

フランスでの報道によると、アーセナルが獲得に興味を示しているリヨンのフランス人MFフセム・アワール(23)に関して、リヨンは来夏の買取義務付のローン移籍であれば受け入れる用意があるらしいです。

昨夏からアワールの獲得に動いているアーセナルにとっては、今夏に移籍金を支払う必要がない為またとないチャンスです。

ただ、ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナル以外にもトテナムがアワールの代理人と接触しているそうです。

アーセナルはウーデゴールを完全移籍で獲得したばかりですが、リヨンが移籍を容認した場合はアーセナルにとっても選択肢の一人になるだろうとのこと。

アーセナルは昨夏にもアワール獲得に動きましたが、リヨンの要求する移籍金を支払えず断念しています。

(ソース:football.london

トリッピアー獲得にはバイアウトの行使が必要

アーセナルが獲得に動いていると噂されるアトレティコ・マドリーのイングランド代表SBキーラン・トリッピアー(30)に関して、獲得する為には3,400万ポンド(約51億円)のバイアウトを行使する必要があると報じられています。

アーセナルはアトレティコと減額交渉をしているらしいです。アトレティコが減額に応じるのか、もしくは昨夏にパーテイを獲得した時のように土壇場になってバイアウトを行使するのかはまだ不明です。

ただ、トリッピアーの加入はアーセナルにとってプラスになるとfootball.londonは伝えています。

トリッピアーはイングランド代表とアトレティコで、セットプレー時のキッカーを務めることが多い選手です。最近のアーセナルはセットプレーがゴールに繋がることが少なく、昨シーズンもFKから直接ゴールを奪ったのは1回のみです。

アーセナルではジャカやぺぺ、ラカゼットがキッカーを務めることが多いですが、統計データを見る限りトリッピアーの方がキッカーとして優れているそうです。そのため、トリッピアーの加入により、セットプレーの質が向上する効果もあるだろうとしています。

(ソース:football.london

【アーセナル移籍ゴシップ】トレイラ、エンケティア、ウィリアンの噂
コリンチャンスがウィリアンの獲得オファーを出す キャンベルがコーチ就任を打診 フィオレンティーナとトレイラのローンで合意間近 SKYスポーツによると、アーセナルとフィオレンティーナがトレイラのローン移籍...
21-22 カラバオ・カップ2回戦:W.B.A. vs アーセナル戦プレビュー
最新のチームニュース ■ベジェリン 右太ももの怪我。右太ももの張りにより日曜日の試合を欠場。すでにトレーニングへ復帰しており、水曜日の試合前に状態の評価を行う。 ■ラカゼット 検査でCovid-19の陽性が確認された...

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

タイトルとURLをコピーしました