【アーセナル移籍ゴシップ】ムドリク、ガクポ、ヌディカ、ミリンコヴィッチ=サヴィッチの噂

スポンサーリンク

ムドリクの移籍金は51億円?

アーセナルが獲得に動いていると噂されているシャフタール・ドネツクのウクライナ代表FWミハイロ・ムドリク(21)について、シャフタールが移籍金を3,500万ユーロ(約51億円)に設定したそうです。Calciomercatoの記事をGoalが引用しています。

報道によると、アーセナルはムドリク獲得へ向けてアプローチを行う準備が出来ているらしいですが、シャフタール側は簡単に手放すつもりはないとのこと。

なお、アーセナル以外にも複数のクラブがムドリクに関心を示していると噂されています。

(ソース:Goal

 

レアルとガクポ争奪戦を繰り広げる?

スペインのFichajesによると、PSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポ(23)を巡ってアーセナルとレアル・マドリーが争奪戦を繰り広げているらしいです。Goalが記事を引用して伝えています。

今季のガクポは決定力に磨きがかかっておりゴールを量産しており、欧州で最もエキサイティングで安定感のあるアタッカーの一人とみなされています。

アーセナルは今夏の移籍市場でも獲得を検討したとされていますが、来夏の移籍市場でも再び獲得に動く可能性があります。

ただ、PSVは移籍金として5,000万ユーロ(約74億円)以上を要求する可能性があるほか、レアル・マドリーとの獲得レースを制す必要もあると報じられています。

(ソース:Goal

 

フランクフルトはヌディカと契約延長へ向けて交渉中

先日、アーセナルが獲得に動いていると報じられたフランクフルトのフランス人DFエヴァン・ヌディカ(23)について新たな情報がありました。

左利きのCBを補強したいアーセナルが、クラブとの契約が今シーズンまでとなっているヌディカに興味を示していると報じられていました。

ドイツのBildによると、ヌディカの契約状況についてフランクフルトでスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏が次のように言及したそうです。

マルクス・クレシェ氏
「まだどっちの方向へ進むか決まった訳じゃないし、我々から最後通牒を出している訳でもない。オファーはまだ有効だし取引にも応じる。」

なお、1月にヌディカを獲得する場合、700万ポンド(約12億円)程度の移籍金で獲得できるとされています。

(ソース:football.london

 

1月にミリンコヴィッチ=サヴィッチを狙う?

イタリアのCalciomercatoによると、アーセナルは1月の移籍市場でラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコヴィッチ=サヴィッチ(27)獲得に動くらしいです。

ラツィオで主力選手としてプレーしているミリンコヴィッチ=サヴィッチは、今シーズンも15試合4ゴール7アシストとチームに貢献しています。

ただ、クラブとの契約は来シーズンまでとなっており、近日中にクラブと今後についての話し合いを行うとされています。

アーセナルは今夏の移籍市場でも獲得に動いており、移籍金4,700万ポンド(現在のレートで約79億円)のオファーを提示するもののラツィオに拒否されて獲得は実現しませんでした。

しかし、アーセナルはまだ諦めておらずあらゆる手段を使ってミリンコヴィッチ=サヴィッチ獲得を目指すらしいです。

報道によるとロコンガ+移籍金で総額およそ7,400万ポンド(約124億円)のオファーを計画しているのだとか。

ただ、ラツィオはチームの主力選手を簡単に手放すつもりはなく、ロティート会長は以前メディアの取材に対してミリンコヴィッチ=サヴィッチの移籍金は1億2,000万ユーロ(約177億円)だと語っています。

(ソース:The Sun

 

22-23 プレミアリーグ 第13節:サウサンプトン vs アーセナル戦の結果
アルテタ監督:プレス・カンファレンス

 

 

タイトルとURLをコピーしました