【アーセナル移籍ゴシップ】ティーレマンス、イサクセンの噂ほか

スポンサーリンク

1月にティーレマンス獲得へ??

移籍市場ジャーナリストのEkrem KONUR氏という方のツイートによると、アーセナルは1月の移籍市場でティーレマンスを獲得したいと考えているらしくレスターと接触するつもりだとか。

なお、KONUR氏はスペインのFichajesに記事を執筆している方のようです。

 

U-21デンマーク代表WGを狙う?

アーセナルがミッティランのU-21デンマーク代表WGグスタフ・イサクセン(21)の獲得に興味を示しているそうです。サンがCalcioMercatoの記事を引用して伝えています。

アーセナルは1月の移籍市場で攻撃的な選手の補強を考えているとされており、これまでもパルメイラスのダニーロやシャフタール・ドネツクのムドリクの名前が取り沙汰されています。

そして今回そのリストにイサクセンの名前が加わりました。今シーズンのイサクセンはリーグ戦23試合に出場して7ゴールを挙げています。

なお、ミッティランは1,700万ポンド(約29億円)以下のオファーは受け入れないようです。

アーセナル以外にはニューカッスルやウェストハム、ACミランも興味を示しているとのこと。

(ソース:The Sun

 

ガブリエウはノッティンガム戦に間に合う?

先日行われたELグループ・ステージのPSV戦(アウェー)に敗れたアーセナルですが、試合終了後にガブリエウが足を引きずりながらピッチを後にしていました。

今週末にはホームでノッティンガム・フォレスト戦が控えていることもあり、ガブリエウの状態が心配されますが、デイリー・エクスプレスによると出場できる可能性があるそうです。

同紙の報道によれば筋肉系の怪我ではなく試合中に打撲を負ったのだとか。ただ、ノッティンガム戦前にフィジカルの状態を確認する必要があり、その結果次第だとしています。

また、ふくらはぎの怪我で欠場しているジンチェンコについても復帰の可能性があるそうです。

(ソース:Daily Express

 

【アーセナルNEWS】マリの手術が成功、ムドリクの移籍金
マリの手術が成功、復帰まで2ヶ月以上か/ムドリクの価値はアントニー以上

 

 

タイトルとURLをコピーしました