Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】トレイラの代理人:現在の状況に満足していない 

ジャカをトレードで放出か?

ミラー紙によると、アーセナルはボルシアMGのスイス代表MFデニス・ザカリア(22)を獲得するためにジャカとのトレードを模索しているらしいです。ザカリアはブンデスリーガで首位と好調なボルシアMGにあって素晴らしいパフォーマンスを披露しており、欧州のいくつかのビッグ・クラブから注目を集めています。

ジャカはサポーターとの騒動以降、スカッド入りをしておらずキャプテンからも降ろされています。1月の移籍市場で放出されるとの見方が強まっており、ニューカッスルが獲得に興味を示していると噂されています。なお、ボルシアMGはジャカの古巣です。

ボルシアMGがザカリアの放出を認めた場合、1月にジャカを放出し来夏の移籍市場でザカリアを獲得するための優先交渉権を得るという形を模索していると報じられています。

(ソース:Mirror) 

 

ミランはエルネニーに興味なし

現在ベシクタシュへシーズン・ローンで加入しているエルネニーですが、ローン終了後にアーセナルへ復帰してもエメリの構想外という状況は変わらないとされています。そのため、エルネニーの代理人がACミランに1月の移籍市場で獲得するよう売り込みを掛けたらしいですが、ミラン側は曖昧な返事に終始したそうです。このことから、ミランはエルネニーを獲得しても現在のチームに居場所はないと考えている模様です。 

(ソース:Mirror) 

 

トレイラの代理人:現在の状況に満足していない 

今シーズンのトレイラはスタメン出場が激減しています。現在までリーグ戦で4試合しかスタメン出場しておらず、90分間フル出場した試合は1試合もありません。エメリはグエンドゥジやセバージョス、ウィロック、そして元キャプテンのジャカを重宝しており、このことからトレイラの序列が大幅に下がったと見れられています。

昨夏の移籍市場でACミラン移籍の噂が絶えなかったトレイラですが、アーセナルは売却を断固拒否していました。しかし、トレイラの代理人を務めるベンタンクール氏は、今シーズンのエメリによる扱いにトレイラは満足していないとコメントしています。

ベンタンクール氏

「彼に求められる役割の急激な変化が、彼の状況を不利にしていると言わざるを得ない。トレイラは不安を覚えており、この状況が変わることを願っている。」

 

また、トレイラに興味を示すクラブは多いとも語り、クラブを牽制しています。

「我々とアーセナルとの間には何の問題もない。むしろ感謝しているくらいだ。アーセナルはルーカスにプレミアリーグでプレーする機会を与えてくれたし、常にルーカスに対して絶大な信頼を寄せてくれている。

トレイラへ興味を持つクラブについては問題ない。特にスペインのクラブによるものだが、私はいかなるクラブとも移籍について話し合う交渉席に着いたことはない。これはガナーズとサンジェイをとてもリスペクトしているからだ。

チームをリスペクトして名前は出したくないが、アトレティコが2年前にサンプドリアからルーカスを獲得しようとしていたことは言っておこう。

今年の夏には他のクラブ(※ミランのこと)からも関心があった。しかし、我々はガナーズのGMであるサンジェイと会ったが、アーセナルにとってトレイラは売り物ではないと断言していた。

それに、ミランは具体的なオファーは何も出して来なかった。」

(ソース:Mirror) 

 

 

Arsenal(アーセナル) ハッピーバッグ【オフィシャルグッズ福袋】HB20-AFC