Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】ザルツブルクはソボスライの1月移籍を覚悟?

 

ザルツブルクはソボスライの1月移籍を覚悟?

アーセナルが獲得に動いていると噂されるレッドブル・ザルツブルクのハンガリー代表MFソボスライ(20)について、ザルツブルクのジェシー・マーシュ監督が1月の移籍市場で移籍する可能性が高いことを示唆するコメントをしたそうです。

 

スポーツ・ジャーナリストのグラント・ウォール氏のポッドキャストで次のように語っています。

 

マーシュ監督

「Yes、ドミニク・ソボスライの様な選手には冬に多くの獲得候補が現れると言うのが現実だ。

 

彼は素晴らしい才能を持っている、そういう選手に関しては私はこう言うだろう。” 若手選手を指導する時は彼らを愛し、彼らが成長して自分の実力を証明するチャンスを得て自分達の優秀さを示してくれることを愛すべきだ ” とね。

 

(監督)自身の成功にどの様な影響を与えるかだけを気にしていたら、若手選手を指導したりリードしてあげることは出来ないだろう。

 

それに、ドミニクの様な選手には、世界中の人たちに自分がどれだけ優秀かを示して欲しいと思っている。

 

どうなるかは様子を見るしかないが、冬を過ぎても残留していたら驚きだね。

 

我々は10代の選手たちと一緒にプレーしているけれど、彼らが活躍すると多くのクラブがエキサイトするんだ。」 

 

ソボスライには欧州の複数のクラブが獲得に乗り出していると報じられていますが、アーセナルが争奪戦をリードしているらしいです。

(ソース:Daily Express) 

 

ジャカとエリクセンのトレードを計画??

イタリアでの報道によると、インテルはコンテ監督の信頼を得られていないエリクセンを1月の移籍市場で放出したいと考えているらしく、放出方法の一つとしてジャカとのトレードを行う案が浮上しているそうです。

 

コンテ監督も守備的MFの獲得を希望しており、夏の移籍市場でチェルシーのカンテ獲得に動いたものの失敗しています。

 

そこでカンテの代わりとしてジャカがリストアップされたとのこと。アーセナルでは新加入のパーテイが素晴らしいパフォーマンスで注目されていることから、ジャカの出場機会が減る可能性もあります。

 

果たして、かつてトテナムでプレーしたエリクセンがアーセナルへ来ることはあるのでしょうか?

(ソース:The Sun

 

ベルカンプの息子とは契約せず

アーセナルが10月にトライアルに招待していたミッチェル・ベルカンプ(22)と契約しないことを決定したそうです。ミッチェルはアーセナル・レジェンドのデニス・ベルカンプの息子です。

 

ミッチェルは少年時代を父親がアーセナルでプレーしていたロンドンで過ごしており、エミレーツ・スタジアムのこけら落としとして行われた父親の引退試合も観戦に訪れています。

 

今年の夏にオランダ2部のアルメレ・シティをFAとなっており、その後アーセナルのトライアルを受けていました。ただ、クラブは契約しないという判断を下したとのこと。

 

ミッチェルの父デニスは1995年〜2006年までアーセナルでプレーし、通算423試合120ゴールを記録しています。また、プレミアリーグで94アシストを記録しており、これは現在もクラブ・レコードです。

 

アーセナルではリーグ優勝3回、FAカップ優勝4回を経験し、1998年にはプレミアリーグの最優秀選手にも選出されています。引退後は指導者の道へ進み、アヤックスを経て現在は以前息子がプレーしていたアルメレ・シティで主に若手の指導を行っています。

(ソース:Goal.com) 

  

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク