Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】レアルがイスコの放出を容認か?

 

レアルがイスコの放出を容認か?

スペインでの報道によると、アーセナルが獲得に興味を示していると噂されているレアル・マドリーのイスコ(28)ですが、レアルは1月の移籍を容認するらしいです。

 

イスコは既にクラブに対して1月の移籍市場で退団したいと言う意思を伝えているのだとか。イスコの契約は2022年までとなっていることから、来夏の移籍市場では契約最終年に入ってしまうため、レアルとしては1月の移籍市場で放出したいと考えているそうです。

 

レアルは移籍金を4,500万ポンド(約62億円)前後に設定しているようです。なお、アーセナル以外にマン・Cやユベントス、インテル、セビージャも興味を示しているのだとか。

(ソース:The Sun

 

ソボスライの移籍金は分割払い?

アーセナルが獲得に熱心だとされているレッドブル・ザルツブルクのソボスライ(20)に関して、クラブは移籍金の支払い方法を模索していると報じられています。

 

ソボスライの契約には2,300万ポンド(約32億円)のバイアウトが設定されていますが、アーセナルとしては全額を一括で支払うのではなく、3年間の分割払いで支払う方法を検討しているらしいです。

 

ただ、バイアウトの金額が市場価値に対して安価であることから、アーセナル以外にも多数のクラブが獲得に動いているとされています。

 

現在名前が挙がっているクラブだけでもリバプール、マン・C、トテナム、エバートン、ウルブス、レアル・マドリー、アトレティコ・マドリー、バルセロナ、パリSG、ドルトムントがあり、1月の移籍市場が近づくにつれてさらに増える可能性があります。

(ソース:90min.com

 

ジャカに移籍する意思はなし 

イタリアでの報道によると、インテルが獲得に動いているとされているジャカに関して、本人は1月にローン移籍をするのに消極的なのだとか。

 

インテルは以前からジャカの獲得に興味を示しており、今夏の移籍市場でも交渉を行ったとされています。また、最近はインテルがエリクセンとジャカのトレードを検討しているとの噂もありましたが、今シーズン中の移籍は無さそうだと報じられています。

(ソース:Daily Express

 

アルテタ:どこから情報が漏れたのか調べる

先日のトレーニング中にダビド・ルイスとセバージョスが衝突したことが報じられましたが、アルテタはチーム内部の情報がメディアにリークされたことに強い不快感を示しており、どこから漏れたのか調べると語っています。

 

アルテタ監督

「この件が明るみになるのは本当に残念だ。

 

この話がどこから出たものなのか、そして仮にそれ(※内部からのリーク)が事実なのであれば、それは私がお互いに期待していることに完全に反している。クラブにもプライバシーと守秘義務が必要だからね。調査するよ。」

(ソース:BT Sports) 

 

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク