Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】ムスタフィ:去就が不透明なことを認める

ムスタフィ:去就が不透明なことを認める 

ドイツのSKYスポーツによる取材に応じたムスタフィは、アルテタの下でプレーし続ける姿は想像できものの、今後の去就については分からないとコメントしたそうです。

 

ムスタフィ

「ミケル・アルテタの下では、プレミアリーグでもレギュラーとしてプレーすることが出来ている。そのことで僕は本当に助けられたし、気分も良い。彼のフットボール・スタイルやプレー・スタイルは理解できているし、自分に合ってると思っている。

 

彼の年齢であの姿でいられるのにビックリしたよ。自分だったら、4年後に彼の様なカリスマ性を持ってチームを率いることが出来るか分からない。

 

彼は(監督として)上手くチームをマネージングできている。僕自身もこの短期間で自分のプレーに役立つ新しい考えを彼から学ぶことができた。だから、彼のためにプレーし続ける姿は想像できるよ。だけど、今後どうなるかは全く分からないね。まだまだ疑問符が多い。」

 

新型コロナウィルスの影響でプレミアリーグが中断されている現状について…

「誰もが現状に不安を感じているので、個人的な今後についてはあまり気にしてられない状況だね。まずはまたフットボールがしたいよ。ピッチに戻りたいというのが皆の気持ちだと思う。現状では疑問符が多いけどね。

 

EURO2020も延期になった。それに、シーズンを全部消化できるのかすら怪しいし、議論は尽きない。だから、こういう状況の中で僕個人の今後について考えるのは難しいかな。次に何が起きるか、プレーを再開できるのは何時なのか、誰にも分からないからね。

 

今の苦しい時期を乗り越えてピッチに再び戻ることができたら、そういう質問にも答えられる様になると思う。少なくとも今は考えられないからね。それに、クラブは僕個人の将来よりも、もっと重要な問題を抱えているんだ。」

 

なお、アーセナルとムスタフィの契約は2021年6月までとなっています。 

(ソース:Sky Sports) 

 

www.afcwatch.com

  

カルロス・ヴェラ:ロンドンには良い想い出がない

現在MLSのロサンゼルスFCでプレーするカルロス・ヴェラですが、2006-2012年までアーセナルでプレーし64試合11ゴールという成績を残しています(その間何度もスペインへローン移籍しています)。2011-2012はレアル・ソシエダへローン移籍していますが、そこでの活躍が認められて完全移籍しました。

 

ソシエダでは5年間で250試合以上に出場し73ゴールを決める活躍を見せていますが、ヴェラは移籍した当時を振り返り、プレミアリーグを離れられて安心したと語っています。

 

カルロス・ヴェラ

「僕の人生で最も重要なことはサン・セバスティアンへ来たことだね。新しいファミリーになれた。ロンドンで3年生活したけど慣れなかったので移籍した。具体的にどう説明したら良いか分からないんだけど、あまり良い想い出がない場所だね。とにかくそこから離れたいと思っていた。

 

それで、とにかく最悪なロンドンでの3年間を経て、再びフットボールを楽しめる様になったんだ。バスク地方のことは何も知らなかったけどね。イングランドを離れたくて離れたくて仕方なかったから、プレーしないかという良いオファーが届いたとき『最高だ!移籍する!』と言っていたよ。」

(ソース:Goal.com) 

 

 

 

              スポンサーリンク