Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】メイトランド=ナイルズがローン移籍へ?

 

メイトランド=ナイルズがローン移籍へ?

サウサンプトンやウェストブロムがメイトランド=ナイルズのローン移籍を希望していると報じられています。

 

サウサンプトンのハーゼンヒュットル監督は、具体的な選手名こそ明かさなかったもののローン移籍での補強を検討していることを認めています。

 

メイトランド=ナイルズは昨夏の移籍市場でウルブス移籍に迫っていましたが、アルテタが残留させた経緯があります。

 

しかし、今シーズンはコンスタントに起用されているとは言い難い状況です。アルテタは両サイドのSBとして起用されることの多いメイトランド=ナイルズですが、本来は中盤の真ん中でのプレーを得意としています。

 

その点、サウサンプトンへローン移籍すれば中盤でのプレー経験を積むことが出来るかもしれません。

(ソース:football.london

 

なお、メイトランド=ナイルズに関しては、精度の高い情報発信でお馴染みのオーンステイン氏もサウサンプトンがアーセナルに接触しているとツイートしています。

 

 

ソクラテスをリバプールへ売り込むも断られていた

移籍情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が、リバプール専門メディア「Anfield Watch」で明かしたことによると、アーセナルはソクラテスをDFに怪我人が続出しているリバプールへ売り込んだそうですが、リバプールは申し出を断ったそうです。

 

ファブリツィオ・ロマーノ氏

「彼らはソクラテスの様な選手を獲得することは好まない。彼はリバプールに逆オファーされていたが彼らの返事はNOであり、現在のチームを維持する方を好んでいる。

 

彼らはこの方針を好んでいるし、リバプールにとってこの方針が近年の成功の鍵となっているので、この考えは今後も変わらないだろう。」

 

昨夏に獲得したジョッタの様に、本当に重要な選手を夏の移籍市場で獲得するために資金を節約しているとロマーノ氏は指摘しています。

(ソース:Daily Express) 

 

アタランタからゴメス獲得を打診されるも断っていた

ファブリツィオ・ロマーノ氏が自身のPodcastで明かしたところによると、アーセナルはアタランタからパプ・ゴメス(32)の獲得を打診されていたものの断ったそうです。

 

アーセナルはクリエイティブな攻撃的MFを探しており、ユリアン・ブラントなどの獲得に動いていましたが、最終的には若手のウーデゴールをローン移籍で獲得しています。

 

パプ・ゴメスはアタランタの近年の躍進を支えた経験豊富な実力者ですが、クラブとの確執によりアタランタは格安の移籍金で放出するつもりでした。実際、僅か500万ポンド(約7億円)でセビージャへ移籍しています。

 

ベテランよりも経験の浅い若手を補強した経緯についてロマーノ氏は次のように語っています。

 

ファブリツィオ・ロマーノ氏

「パプ・ゴメスはアーセナルへ移籍する可能性があったが、彼らはゴメスを有力な10番候補とは考えていなかった。

 

彼らが選手を探していたのはウーデゴールを獲得した事からも間違いない。しかし、(※ゴメスに関しては)何も起きなかった。

 

パプ・ゴメス獲得のチャンスを彼らはオファーされたが、彼らが探していたのは若手選手でありベテラン選手ではなかった。個人的にはパプ・ゴメスをリスペクトしている。彼は世界最高の選手の一人だと思うからね。」

(ソース:Daily Express) 

 

ハイバーニアンのU-19スコットランド代表SBに興味あり?

アーセナルがハイバーニアンのU-19スコットランド代表LSBジョシュ・ドイグ(18)に興味を示しているそうです。

 

ドイグは今シーズン、トップチーム・デビューを飾った選手ですが、既に20試合に出場しています。デビュー1年目ですが堅実なプレーが評価されており、既にアーセナル以外にもチェルシーやマン・C、リーズなどが動向を注視しているそうです。

 

なお、本人はプレミアリーグのビッグ・クラブが自分に興味を持っているというニュースをTwitterで見るたびにクレイジーだと感じているとコメントしています。

 

ただ、ビッグ・クラブから注目されていたとしても、その事で気を散らす事なくしっかり足元を見て前進して行きたいとも語っています。

 

近年のスコットランドはロバートソンやティアニーといった優秀な左SBを輩出しており、それぞれリバプールとアーセナルでレギュラーとして活躍しています。

(ソース:Daily Express

 

  

www.afcwatch.com

 

www.afcwatch.com

 

 Twitterもやってます→

スポンサーリンク