Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル移籍ゴシップ】ソクラテス、エンケティア、トレイラ、グエンドゥジ等の噂

 

ジェノアがソクラテスに決断を迫る

ソクラテスの獲得に動いているジェノアですが、ソクラテス側に対して今週中にオファーを受け入れるかどうか決断するよう伝えたそうです。今週中に交渉がまとまらない場合は別の選手を獲得するとも通告しているとのこと。

 

ソクラテスはアルテタの構想外となりプレミアリーグとELで登録メンバーから外れたため、今シーズンはトップチームの公式戦に1試合も出場していません。

 

アーセナルとの契約が今シーズンまでとなっていますが、シーズン終了後のFAを待つのではなく、1月の移籍市場で移籍したいと考えていると報じられています。

 

アーセナルはチームの人員整理を進めており、既にコラシナツとサリバがそれぞれシャルケとニースへローン移籍しています。

 

なお、ソクラテスにはジェノア以外にフェネルバフチェも興味を示していると噂されています。

(ソース:football.london

 

ウェストハムがエンケティアに関心を示す

ウェストハム・Uがエンケティアの獲得に興味を示していると噂されています。ウェストハムはコートジボワール代表FWセバスティアン・ハラーをアヤックスに売却したため、後任のストライカーを探しているそうです。

 

エンケティアとアーセナルの契約は残り1年半となっています。アーセナルは攻撃的MFの獲得に動いていることから、その獲得資金を得るために売却に応じる可能性もあるとされています。

 

また、エンケティアの去就は契約延長交渉を行っているバロガンの去就にも影響を与えるかもしれません。

(ソース:Evening Standard

 

なお、ファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルにエンケティアを売却する意思は無いそうです。

  

フィオレンティーナがトレイラの獲得を決意?

イタリアでの報道によると、フィオレンティーナは今月中にトレイラを獲得したいと考えており、アーセナルに対してアトレティコ・マドリーへのローン移籍から呼び戻すよう求めているそうです。

 

トレイラはアトレティコへシーズン・ローンで加入していますが、シメオネ監督の信頼を完全には得られておらず、ここまでスタメン起用は僅かに4回で総プレイ時間も419分に止まっています。

 

アトレティコとのローン契約には買取オプションが付いている様ですが、現在のプレイ時間を考えるとオプションを行使する可能性は低そうです。

 

トレイラはぺスカーラやサンプドリアと長くイタリアでプレーした経験があるので、フィオレンティーナ行きは選手にとっても魅力的かもしれません。

(ソース:football.london

 

ヘルタはシーズン終了までグエンドゥジの去就に結論を出さず

現在、シーズン・ローンでヘルタ・ベルリンに加入しているグエンドゥジですが、直ぐチームに馴染んでレギュラーとしての地位を確保し、これまでリーグ戦9試合で2ゴールと活躍しています。

 

ヘルタ・ベルリンでマネージング・ディレクターを務めるミハエル・プレーツ氏は、グエンドゥジの今後についてシーズン終了後まで結論は出さないと語り、1月の移籍市場で完全移籍で獲得する考えは持っていないことを明かしたそうです。

 

一方のアーセナルですが、ドイツのビルト紙によるとブンデスリーガでの活躍を受けてグエンドゥジを呼び戻す検討を行っていると報じられています。

 

アーセナルは今夏にパーテイを獲得しましたが、怪我がちでコンスタントにプレーできていません。

(ソース:football.london

 

 

www.afcwatch.com

 

www.afcwatch.com

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク