【アーセナル移籍ゴシップ】カイル・ジョセフ、ウーデゴールの噂

スポンサーリンク

 

最新のチームニュース

■ホールディング

脳震盪プロトコルが問題なく完了したことから再びプレー可能になる。先週日曜日の試合で交代して以降もホールディングの調子は常に問題がなかった。

 

ロンドン・コルニーのメディカル・チームによって毎日注意深く観察されており、その中でプレーに復帰しても問題ないことが確認された。ホールディングは土曜日にチームに合流しフル・トレーニングにも復帰している。

 

■ルナルソン

左膝の怪我。トレーニング中に膝に負荷がかかった事から状態の評価を行っているため、引き続き欠場する。

(ソース:Arsenal.com) 

 

ウィガンのU-19スコットランド代表FWに興味あり?

アーセナルがウィガン・アスレティックに所属するU-19スコットランド代表FWカイル・ジョセフ(19)争奪戦をリードしているらしいです。

 

ジョセフは今シーズンのリーグ1で14試合5ゴールという成績を残しています。生まれはロンドンですが世代別代表はスコットランドを選択しています。

 

ウィガンとジョセフの契約は今シーズンまでとなっており、夏にFAで獲得することが可能な状態です。

 

なお、アーセナル以外にもレンジャーズとセルティックも関心を示しているとか。

(ソース:Mirror

 

今夏のウーデゴール獲得は厳しい?

1月の移籍市場でレアル・マドリーからローン移籍で獲得したウーデゴールは、アーセナル加入以来その才能を発揮して印象的な活躍を見せています。

 

まだゴールやアシストは記録していませんが、相手ディフェンスを突破して両ウィングとCFにチャンスを供給したり攻撃の舵取りをしたりとチームに大きく貢献しています。

 

アーセナルはローン移籍終了後にウーデゴールを完全移籍で獲得したいと考えていますが、レアルは現在もウーデゴールをチームの将来を担う選手だと位置付けており、売却には否定的なようです。

 

ウーデゴールとレアルの契約は2023年まで残っており、実力を証明する時間は残されています。

 

ただ、レアルは直近5ヶ月で9試合しかプレーしていませんが、アーセナルでは加入後1ヶ月で6試合に出場しています。

(ソース:Daily Express

 

 

20-21 UEFA EL決勝トーナメント1回戦2ndレグ:アーセナル vs ベンフィカ戦の結果
  20-21 UEFA EL決勝トーナメント1回戦2ndレグ    アーセナル 3−2 ベンフィカ ※2試合合計1勝1分でアーセナルがベスト16に進出   《得点》 アーセナル:28’&87’オーバメヤン、6...
【アーセナルNEWS】ELの組み合わせが決定、ベジェリン・ラカゼットの噂ほか
  20-21 UEFA EL 決勝ラウンド16の組み合わせが決定 EL決勝ラウンド16の組み合わせ抽選会が行われ、我らがアーセナルはオリンピアコスと対戦することが決まりました。   1stレグは3月11日にアウェーで、2ndレ...

  

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました