【アーセナル移籍ゴシップ】アカンジ、ジェズス、ラカゼットの噂

スポンサーリンク

クラブ年間最優秀選手賞、1位はサカ

ファン投票によるクラブ年間最優秀選手賞は、58%という圧倒的な得票率でサカが選出されました。サカの受賞は昨年に引き続き2年連続となります。

今シーズンのサカはチームで最多となる12ゴールを決めたほか、7アシストを記録する活躍を見せました。

なお、2年連続でクラブ年間最優秀選賞を受賞したのは2004年のティエリ・アンリ以来で、アンリやイアン・ライト、リアム・ブレイディに続き4人目の快挙です。

(ソース:Arsenal.com

 

クラブはジェズスとティーレマンス獲得を優先

 

移籍市場の情報に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルはシティのジェズスとレスターのティーレマンスを今夏の獲得候補のトップと考えているようです。

また、ジェズスは移籍先としてプレミアリーグのクラブを考えているともツイートしています。

まずはティーレマンス獲得を優先しており、近日中に再びレスターと接触する予定だとか。

 

ジェズスはアーセナル行きを決めかねている?

デイリー・メールの報道によると、マン・Cのブラジル代表FWガブリエウ・ジェズス(25)獲得にとても熱心だとされるアーセナルですが、肝心のジェズスがアーセナル行きを決めかねている状況らしいです。

シティとジェズスの契約は来シーズンまでとなっていることから、シティはおよそ5,000万ポンド(約84億円)のオファーがあれば今夏の放出に応じるつもりだとされています。

アーセナルはこの金額を支払う用意があるようで、シティと合意に達することが出来るという自信を持っているようです。

ただ、肝心のジェズス自身がアルテタのプロジェクトに加わるという決断をしかねているようです。その背景にはレアル・マドリーやトテナム、チェルシーなども獲得に動いており、それらのクラブからの関心も無視できないレベルだと考えているからだとか。

ジェズスはアーセナルに加わればチームにとって極めて重要な選手になることも理解していますが、それでも決めきれていない状況らしいです。

なお、アーセナルはジェズスに興味を示している他のクラブは、自分たちほど真剣に獲得に動いていないと考えているらしいです。

(ソース:Mirror

 

アカンジ獲得のチャンス?

サンの報道によると、アーセナルにドルトムントのスイス代表DFマヌエル・アカンジ(26)獲得のチャンスが到来しているらしいです。

アカンジはドルトムントでレギュラーとしてプレーしていますが、マルコ・ローゼ監督が解任されたことやクラブがニクラス・ズーレやニコ・シュロッターベックのDF二人を補強したことから、今夏の移籍市場で放出されるとみられています。

その中で、アカンジはプレミアリーグへの移籍を希望しているらしく、代理人が移籍先としてアーセナルに逆オファーしている状況らしいです。

アカンジにはマン・Uが興味を示しているという噂もありますが、スイス代表でジャカとチームメイトという点でアーセナル行きを検討しているのだとか。

ただ、アーセナルはガブリエウのバックアップとして左利きのCBを探しているとされます。アカンジは右利きなので、クラブがこの逆オファーを受ける可能性は低いと思われます。

来季からサリバが復帰することもあって右利きのCBはサリバ、ホワイト、ホールディングと数が揃っている状況です。

(ソース:The Sun

 

ラカゼットはリヨンと再契約へ

フランスのRMCスポーツの報道によると、契約満了により今シーズン限りでの退団が正式発表されたラカゼットですが、現地時間の木曜日にも古巣リヨン加入が発表される見込みらしいです。

リヨンは木曜日の午前9時(現地時間)に記者会見を予定しており、そこでラカゼット獲得が正式発表されるとみられています。

ラカゼットはユース時代からリヨンに所属しており、5年前にアーセナルへ移籍するまでずっとリヨンでプレーしていました。

既にアーセナル退団が発表されてからはリヨンの施設でトレーニングを行なっているそうです。

リヨンは若手中心のチーム作りに舵を切っており、その中でラカゼットの豊富な経験を若手選手達に伝えて欲しいと考えているとのこと。

なお、ラカゼットはリヨンで通算275試合129ゴールを挙げています。

(ソース:Daily Mail

 

【アーセナル移籍ゴシップ】ティーレマンス、スカマッカ、ジンチェンコの噂
クラブ年間最優秀選手賞、2位はウーデゴール/ティーレマンスが今夏に移籍する可能性を認める/スカマッカへの正式オファーを準備中?/ウェストハムもジンチェンコに関心?

 

 

タイトルとURLをコピーしました