Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

プレミア:アーセナル vs マン・U戦の結果と試合後のインタビュー

- プレミアリーグ - アーセナル 1-2 マンチェスター・ユナイテッド 《得点》 アーセナル:70’ファン・ペルシ マン・U:45’バレンシア、81’ウェルベック 【出場メンバー】 シュチェスニー ジュルー → 46’イェナリス メルテザッカー コシエルニー フェルマーレン ラムジー  → 84’パク・チュヨン ソング ロシツキー ウォルコット オックスレイド=チェンバレン → 73’アルシャビン ファン・ペルシ =ベンチ= アルムニア スキラッチ ミゲル ベナユン ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 パフォーマンスについて… 「とてもガッカリしているよ。 前半は難しい展開だったが、我々も少しナーバスになっていた。 テクニック面も我々が求めているレベルになかったが、後半は素晴らしいスピリットで巻き返せたと思う。 後半は試合に勝利できる展開へ持っていくチャンスがあったけれど、マン・Uはあらゆるポジションで我々よりも上手で、チームとしてもまとまっていたと思う。」 「戦術的にも注意力という意味でも、特にサイドで、ミスを犯さないことが何より重要だった。 我々が試合に勝てると思った瞬間、相手に捕まってしまった。 このような戦いを見せながら、何も得られなかったという事実は受け入れ難いものだ。」 オックスレイド=チェンバレンに代えてアルシャビンを投入したことについて… 「この交代についてファンが怒っていることは理解している。 交代がうまく行かなかったからね。 だが、チェンバレンを先発起用した判断は間違ってなかったと思っている。 彼は疲れが見えていたし、ふくらはぎにも張りがあって、今週体調を崩していたんだ。」 「人々はチケット代を払っているのだし、感情をどのように表現するかも自由だ。 我々は人々の行動に対して指図するのではなく、このような事態に対処しなくてはならないのだ。」 ファン・ペルシのリアクションについて… 「私は見ていないし、すべてのリアクションについてコメントする気もない。試合に負けた以上、あれこれ説明する必要があるとは思わない。 私はこの試合結果と、自分が行なった選手交代について受け入れるだけだ。」 (選手補強に)資金を投入するようファンが求めていることについて… 資金を使うことが目的ではなく、優れた選手を獲得することが目的だ。 選手を取り戻さねばならない。 人々は我々が10人の選手を(怪我で)欠いていることに気付いていないようだね。 怪我で離脱している選手たちを欠いても、後半はあれだけのプレーができたのだ。 まずは選手の復帰が重要だ。」 (ソース:Arsenal.com ■ウルヴスへローン移籍中のフリムポンが、先日のアストン・ヴィラ戦でペトロフに顔面を蹴られて負傷退場しました。 一時は3ヶ月の離脱か?!と言われていましたが、検査の結果、頭や脊髄に問題はなかったとのこと。 ボールをヘディングしに行ったところをペトロフに蹴られたようです。 (ソース:Mirrorこの状況でも、ベンゲルに補強する気はないみたいですね。  にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ
市道真央 Apartment 【DVD】
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2011-12-09)
売り上げランキング: 4189