Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

ベンゲル:アンリがもう代表でプレーしないのは残念だ

カペッロの辞任についてベンゲルがコメントしています・・・ ベンゲル監督 「FAが(テリーのキャプテン解任という)決定を下したとき、私はキャプテンの選任は監督がすべきだと言った。 監督がチームを選び、その中からキャプテンを選出する。 今回のような極端な状況になるとは予想していなかったが、両者の間には以前からトラブルがあったようにも思える。 そのなかで今回のことが決定打となったのだろう。 重要な大会を4ヶ月後に控え、カペッロが去るのは残念だ。 イングランドにとっても大きな打撃だし、彼も残念だと思う。」 後任の監督について・・・ 「私は一貫してイングランド人の監督が良いと提案してきた。 イングランド人監督はいかなる国の監督よりも良い仕事をするからね。 国を代表するのだから国内から選ぶ方が理想的だろう。 イングランドのようなフットボール大国の場合は特にね。」 「FAが正しい判断を下すと思う。 誰が選ばれても驚かないし、監督人事に干渉したくもないよ!」 (ソース:Arsenal.com メルテザッカーはウィンターブレイクが無いのはハードだけど、ロンドンの生活には満足していると語ります・・・ メルテザッカー 「ウィンターブレイクが全くないのはとてもハードだね。 家族とロンドンで素晴らしい時間を過ごしているけど、この状況に慣れる必要もある。 イングランドのリーグへ行くというのが僕の選択だ。 ウィンターブレイクや年末の休みが全く無くてもね。 ドイツでは普通、年末に落ち着けるチャンスがあって、たぶん休暇を取れると思う。」 「イングランドのクリスマスや新年は全く違う感じだね。 すごくハードだけど、僕はここがとても気に入ってるんだ。 これは僕の新しい人生だし、あらゆることに慣れて行くさ。」 「(プレミアへの移籍は?)ドイツ人選手にとって大きなステップだと思う。 ブンデスリーガよりずっとフィジカルが求められるけどね。 イングランドへ移籍するにはフットボール以外のことも必要だ。 僕もプレイベートな生活を改善して行きたいと思ってる。 ロンドンへ引っ越すということは特別なことだからね。 ここにはすごく沢山の人々が住んでいるけど、僕的には良い感じだよ。」 「ロンドンはとても国際的だね。 イングランドのレストランに行くこともできるし、フランスの食べ物もあればドイツやイタリアのもあって何でも揃ってる。 すごく良いよ。」 (ソース:Arsenal.com ■これからサンダーランドと2度のアウェー戦やミランとのアウェー戦、そしてホームでのノースロンドンダービーと厳しい戦いが続きますが、アーセナルは連勝できるとコクランは語ります・・・ コクラン 「僕らはこれらのビッグ・ゲームに勝たなきゃいけない。 ブラックバーン戦では素晴らしい力を発揮したけど、ボルトン戦はチャンスがあっただけに勝たなきゃいけなかったと思う。 週末にはサンダーランド戦がある。 ミラノ遠征へ向けて自信をつけるためにも、この試合に勝たなければいけない。 僕らは素晴らしいチームだし、どんどん(調子も?)良くなってる。 今後数週間は良い結果を得られると思うよ。」 (ソース:Arsenal.com ■アンリのローン延長を求める声が強くなっていて、ベンゲルもローン延長の可能性を探ると語っているようですが、NYレッド・ブルズのベッカ監督はそういう話しは聞いていないと語ります・・・ ベッカ監督 「アンリと話した時には、2月17日に100%戻ってくると言っていた。 ローンの延長についてアーセナルからは何も聞いていない。」 (ソース:Sky Sports ベンゲルもアンリのローンを延長したいのはやまやまだが、彼は期日までにNYへ戻らねばならないと語っています… ベンゲル監督 「彼は2月16日に確実に(NYへ)戻る。 ミラン戦の次の日だ。 彼は2週間ここに居たが私はとても満足している。 だが彼は戻らねばならない。 レッド・ブルズのキャプテンだからね。 シーズン初日に不在というのは、彼らにとってアンフェアすぎる。」 「我々は2月16日には彼を解放することを受け入れており、我々は自分たちの言葉に責任を持つ。 彼も2週間以上ここに居たら、期日までに戻れなくなると思っているはずだ。」 「彼はアーセナルに居ることに満足していたし、すべての選手たちがアンリがそばに居ることを嬉しく思っていた。 トレーニングでは毎週、調子を上げていたよ。 彼は他の選手達と比べても遜色ないフィットネス・レベルにまで戻っている。 トレーニングでの動きを見ていると、もう代表でプレーしないことが残念に思える。」 (ソース:Arsenal.com サンダーランド戦へ向けたチームニュースです… ベンゲル監督 「新たな怪我人はいないので全員が土曜日の試合でプレー可能だろう。 これは良いニュースだよ。 試合へ向けた準備をしっかりできるからね。 プレミアリーグ、CL、そしてFAカップの3大会がある極めて重要な週だ。 それだけに怪我人が居ないのは良いことだよ。」 「ギブスとシャマフは二人ともスカッド入りを争っている状態だ。 もはや彼らを(スカッドから)外す理由はない。 シャマフのフィットネスは通常の状態に戻っているし、ギブスも戻りつつある。」 「ジェンキンソンがフル・トレーニングに復帰するまで2週間も掛からないだろう。 彼はランニングを行っている。」 「フリムポンは木曜日に手術を受けた。 片方の十字靱帯を怪我するともう片方も怪我をするという、我々が何度も見てきた光景だ。 ピレス、エドゥと続いて今度はフリムポンだ。 不運としか言い様がない。 すぐに手術を受けられ、目の前の脅威がなくなったことが唯一の救いだ。 ウルブスで良いプレーをしていただけに、厳しい時期となるだろう。 だが順調に行けば秋ごろに復帰できると思う。」 (ソース:Arsenal.com ■シーズン一番乗りで20ゴールに到達したとして、プレミアリーグからファン・ペルシに『First to 20 goals』賞が贈られました。 ファン・ペルシは現在まで22ゴールを挙げ、得点ランクで首位を独走しています。 ロビン20ゴール (ソース:Arsenal.com ■今シーズンのソングは多くのアシストを記録していますが、ソングのクリエイティブさに驚かないとベンゲルは語ります… ベンゲル監督 「まず第一に、ソングに " 守備と攻撃のどちらをやりたいか? " と聞けば、彼は攻撃を取る。 彼は元から前へ前へ行くタイプの男なのだ。 常に素晴らしいビジョンも持っているしね。 彼は展開力が成長した。 最初にここへ来たときはロングボールの精度が一番悪かったが、彼は努力してそれを改善し、今ではビジョンとテクニックが結びついている。」 「例えば、土曜日の試合で得点へと繋がるウォルコットへのパスからもそれを感じ取れる。 あのパスからも、ソングにビジョンを持っていることが分かるだろう。 ラストパスではないかもしれないが、(パスは?)それだけじゃない。」 (ソース:Arsenal.com ソングのパス精度が飛躍的にアップしてますよね~ にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ
aBUTTON 自由:逢沢りな [Blu-ray]
エイベックス・マーケティング (2012-03-28)
売り上げランキング: 2574