Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

キャピタル・ワン・カップ:W.B.A. vs アーセナル戦の結果と試合後のインタビュー

ー キャピタル・ワン・カップ 3回線 ー ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン 1−1(PK 3−4) アーセナル 《得点》 W.B.A.:71’ベラヒノ アーセナル:61’アイスフェルト 【出場メンバー】 ファビアンスキー メルテザッカー フェルマーレン モンレアル ジェンキンソン 宮市 グナブリー アルテタ  → 95’ベジェリン ヘイデン  → 84’オルセン ベントナー アイスフェルト → 82’アクポム =ベンチ= ヴィヴィアーノ フラミニ パク・チュヨン イウォビ ベンゲル監督、試合後のインタビュー ※一部を抜粋 選手たちを誇りに思うか… 「もちろんだ。 我々は若手中心のメンバーで戦ったが、彼らは優れた選手であることを示していたと思うしよく戦っていた。 PK戦は運次第の部分が多いけれど、全体的に見て良いプレーをしていたことがこの試合で最も重要なところだと思う。 若手選手たちは自分たちもアーセナルのスタイルでプレーできることを示していた。」 PK戦の順番はどう決めたのか… 「フルでプレーしておらずフレッシュな状態の選手を第一に選んだ。 残りの選手たちは痙攣していたからね。 よく戦ったよ。」 選手たちにとってよい経験になったのでは… 「死ぬほど疲れていても、最後まで戦い抜けば勝つことができると知ったのはよいことだ。 今後も起こりえることだけどに、若手選手にとってはとても良い教訓になったと思う。 今夜の試合で最も重要な点はそれだと思っている。 我々は今後も最後まで勝利を諦めずに戦っていく。」 次のラウンドも若手中心で挑むのか… 「怪我人次第なのでまだなんとも言えない。 今夜に限って言えばほとんど選択肢はなかった。 シニア選手の多くをローテーションさせる必要があったからね。」 ベントナーに対するファンの歓迎ぶりについて… 「ファンの皆さんはとても素晴らしかったと思う。 ウェスト・ブロムが1−1の同点に追いついたときも我々を励まし、ニクラウス(・ベントナー)を応援していた。 彼のように前線で1トップとしてあまりプレーしていなかった選手にとっても良い試合だったと思う。 彼はよくやっていた。」 ベントナーのチャンスの場面について… 「すこし時間をかけ過ぎたと思う。 彼に起きたことは、ゴールを決める時間がたっぷりあるときストライカーに何が起こるのかを表している。 ためてためて時間を使い過ぎたのだ。 しかし、全体的に彼のプレーは良かったと思っている。」 アルテタについて… 「問題ない。 痙攣しただけだ。」 次は宿敵・モウリーニョとの対戦だが… 「とても面白い試合になるだろうね。 リーグ・カップとはいえ彼らはビッグ・スカッドを有しているし、我々もプレミアリーグのチームは熟知している。 ホーム戦だし面白い試合になるよ。」 (ソース:Arsenal.com) ■このほどベルカンプが新しい自叙伝を発売します。 そのなかで1995年にアーセナルへ移籍した際、自分の移籍がBBCの文字放送システム " Ceefax(シーファックス) " で報じられているのを見て感動したと語っているようです… ベルカンプ ※訳が微妙です 「記者会見のあとホテルに戻った。 移籍も完了したし、ホテルの部屋でリラックスしていたんだ。 そこでいつものように文字放送でスポーツの見出しを見ていた。 オランダでもBBCが見れるのでCeefaxのことは知っていた。 301ページを見てビックリしたよ。 最初の2行に『ベルカンプアーセナルへ加入』と書いてあったんだ。」 「最初は『何が起きてるんだ?』と思った。 僕は大国に居る。 ロンドンに居るわけだし…文字放送に載っている。 自分のことか!」 「彼ら(イングランドの人々?)は僕のことを値踏みする。 人々は僕がファン・バステンフリットのようになることを期待している。 でも僕は彼らとは違うんだ。 すぐさま次の302ページのサッカーページを読むとさらに詳しく書いてあった。 『オランダ人ストライカーの移籍金は750万ポンド』とね。」 「人々からの期待を目の当たりにした最初の時だった。 妻を見て『これは凄いことだ!ステップアップしないといけない!』と言った。」 (ソース:Daily Mail) ■アーセナルやトテナム、ウェスト・ハムなど複数のクラブが獲得に動いていると噂されているルーマニア代表FWチプリアン・マリカですが、代理人によるとトテナムとの契約交渉は失敗に終わったそうです。 その後リーガのバジェカーノが接触してきたらしいですが、マリカの給与を支払うだけの資金がなかったとのこと。 ただ、スペインには他にも興味を持っているクラブがあるっぽいです。 (ソース:Sky Sports) ■ユベントスのイタリア代表MFピルロプレミアリーグやリーガへの移籍話しがあるようで、移籍先としてアーセナルの名前も取り沙汰されているようです。 ピルロの契約は今シーズン末で切れるらしいので、ユベントスが1月に移籍する可能性もあるとか。 (ソース:Daily Mailにほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ プレミアリーグ
Stillness and Speed: My Story
Stillness and Speed: My Story
posted with amazlet at 13.09.25
Dennis Bergkamp
Simon & Schuster Ltd
売り上げランキング: 3,705
安枝瞳/Sunrise [DVD]