【アーセナルNEWS】サリバ:チャンスを与えて欲しかった

スポンサーリンク

 

【公式】メイシーがハイバーニアンへ移籍

アーセナルはGKマット・メイシーがスコットランド・プレミアリーグのハイバーニアンへ移籍すると発表しました。移籍金などは非公表です。

 

メイシーは2013年10月にブリストルからアーセナル・アカデミーに加入し、その後トップチームに昇格しました。アーセナルでは通算2試合に出場しています。

 

過去2シーズンは主にバックアップ要因としてスカッド入りしていました。

(ソース:Arsenal.com

 

サリバ:移籍後の会見で心境を語る

※一部を抜粋

 

ニースについて

「ニースは僕の中でトップ・チョイスだった。素晴らしいチームだし前々から好きだったからね。上位争いをして欧州大会の出場権を争っている。

 

野心があるしポゼッション志向のプレースタイルも良い。サンテティエンヌは僕にとってのホームであり居心地の良い場所だ。

 

ただ、僕としてはこれまでプレーした事のないニースへ行くことで、自分にとって快適な場所から離れようと考えた。これがベストな選択だったと確信してる。」 

 

数ヶ月ぶりにプロの試合でプレーすることについて

「(移籍に関しては)かなり急展開だった。試合二日前の遅い時間に到着してメディカル・チェックとかをやったしね。

 

ただ、僕がアーセナルのU-23から加入したのは事実だし、U-23とプロでは試合のリズムが違うんだ。

 

それでも僕はプレーしたいと思っていたし、アーセナルでハードワークを続けてきた訳だから、監督も水曜日の試合で直ぐに使ってくれたんだと思う。でも、しばらくプレーしていなかったから良かったよ。」 

 

アーセナルでの経験について

「最初の半年は大変だったよ。6ヶ月間トレーニングが出来なかったからね。(パンデミックによって)家に居たしプレーしたり屋外でトレーニングする事も出来なかった。

 

それに、向こうに着いたのがシーズンの終盤だったから、ずっと一人でトレーニングしてたんだ。その後、休暇明けの最初の親善試合ではリズムが欠けていたしフィジカル的にも物足りない感じがした。

 

監督からもまだ準備が足りないなって言われたよ。だけど、せめて自分のリズムを取り戻すチャンスを与えて欲しかったと思う。でもそれがフットボールなのさ。」 

 

当初予定されているローン期間を超えてニースに留まる可能性は?

「僕の契約は6ヶ月間だ。6ヶ月後にどうなるかは様子見だね。だけど、今の契約は6ヶ月な訳だからその間は全力を尽くすよ。そのあとは様子見だ。」 

 

アルテタ監督は選手を守るためにローン移籍に出すと言っていたが

「そんなこと言ってたっけ(笑)まぁともかく、監督から言われたことを話すつもりはないよ。僕には出場機会が必要だったからローン移籍したまでだ。」 

(ソース:Get French Football News) 

 

ザハがエメリと会談した内容を明かす

2019年の夏の移籍市場ではアーセナルがクリスタル・パレスのウィルフレッド・ザハの獲得に熱心だと報じられていました。また、ザハは子供の頃からアーセナル・ファンであるため相思相愛だと報じられもしました。

 

事実、ザハによると当時監督を務めていたエメリとこの件について話し合い、移籍したいという意思を伝えていたそうです。しかし、最終的にアーセナルはザハではなくぺぺをクラブ史上最高額の移籍金で獲得します。

 

この交渉の裏側について、ジェイミー・キャラガーの公式Podcastに出演したザハは次のように語っています。

 

ザハ

「監督(※エメリ)と話したよ。彼は ” それほど多くを語り合う必要はない ” と言っていた。彼は僕のプレーを見たと言っていて、僕が常に試合の流れを変えられる事も分かっていた。

 

その上で彼から ” 是非うちへ来て欲しい ”  と言われたので、僕も ” 是非加入したい ” と伝えたんだ。

 

彼の監督時代にアーセナルと対戦していたので会話の内容は結構ストレートだったよ。彼は僕に何が出来るかや仕事ぶり、チームに何をもたらす事が出来るかを見ていたからね。

 

だから最終的に誰を選ぶかはクラブ次第だった。そして彼らは僕よりぺぺを選んだ。

 

ブラジルとか他のリーグから(プレミアリーグへ)来る選手をよく目にするね。彼らは常に多くの注目を集めている。

 

でも、プレミアリーグでプレーしている選手なら毎週の様にプレーを見れる訳で、何が出来る選手なのかも分かると思うんだ。

 

だから何の問題も無いと思うんだけどね。(プレミアリーグは)他のリーグとはまるで違うんだから。」

 

アーセナルはクラブ史上最高額の移籍金を使ってぺぺを獲得しましたが、未だ移籍金に見合った活躍は出来ていません。そのため、ぺぺの獲得自体に疑問符を投げかける報道もあります。

 

ぺぺがプレミアリーグへの適応に苦労している間もザハは好調を維持しており、今シーズンもここまでリーグ戦で8ゴール2アシストと活躍しています。一方のぺぺはアーセナル加入後に5ゴールしか決めていません。

(ソース:Goal.com

 

 

20-21 FAカップ 3回戦:アーセナル vs ニューカッスル戦プレビュー
  最新のチームニュース ■ガブリエウ 新型コロナウィルスの陽性が確認される。調子は良く症状はみられない。数日以内に規定のプロトコルと健康診断が完了した場合、チームのフル・トレーニングに合流できる。   ■パーテイ 左太ももの怪...

  

【アーセナル公式】ヘルタ・ベルリンからレキクを獲得
  ヘルタ・ベルリンからレキクを獲得 アーセナルはヘルタ・ベルリンからチュニジア代表DFオマー・レキク(19)を獲得しプロ契約を結んだと発表しました。移籍金並びに契約内容は非公表です。基本的にはCBですがサイドでもプレーできる選手で...

 

 

Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました