【アーセナルNEWS】プレミアリーグは中立地での無観客試合を計画中?

スポンサーリンク

プレミアリーグは中立地での無観客試合を計画中?

新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、欧州各国のトップ・リーグが中断されたことを受けて、UEFAは国内リーグの日程を消化できるようにするためEURO2020の開催を1年延期する決断を下しました。

 

プレミアリーグはまだ92試合が残っており、全ての日程を消化できるのか不安視する声も挙がっています。 その様な状況の中で、プレミアリーグは全日程を消化するための対応策として、残る全ての試合を中立地での無観客試合とする案が浮上しているそうです。試合は全てテレビでLIVE中継が行われ、時間が被らないようにするため試合の開始時間をずらす計画だとか。

 

また、一部のクラブからは試合を開催するスタジアムを2〜3会場に限定する案も出ているそうです。開催場所を限定することで、医療スタッフや警備スタッフの人数を最小限に抑えることができるからです。そして、ホームチームのファンが大勢スタジアム周辺に集まることを避ける目的で、中立地での開催が検討されているようです。

 

プレミアリーグは収入の大部分を試合の放映権料が占めていることから、SKYやその他テレビ局を満足させる方策を取る必要があります。

 

プレミアリーグだけでなくFAカップを主催するFAも、カップ戦の全日程を消化することを目標にしているようです。

 

収入面以外にも、各クラブにとっては来季の欧州大会出場権争いや降格争いがあるため、リーグの日程が消化できないことを恐れるクラブは多く存在します。 

(ソース:The Sun) 

 

【アーセナル公式】アルテタが新型コロナウィルスに感染
アルテタが新型コロナウィルスに感染 Yahooのトップニュースにもなったので殆どの方がご存知だと思いますが、今朝、アーセナルはアルテタ監督が新型コロナウィルスに感染したことが確認されたと発表しました。これに伴い、ロンドン・コルニーは閉鎖さ...

  

オーバメヤンの移籍金を62億円に設定か?

アーセナルは来シーズンいっぱいで契約切れとなるオーバメヤンについて、今夏の移籍金を5,000万ポンド(約62億円)に設定したらしいです。クラブはオーバとの契約延長を試みましたが失敗したのを受け、移籍金を設定したそうです。

 

オーバメヤンはアーセナルにとって最も重要な選手の一人であり、アルテタにとっても来季のトップ4復帰を目指すためにも必要不可欠な選手です。しかし、このまま行けば来シーズン末にFAとなってしまうことから、今夏の放出は避けられない状況になってきています。

 

オーバメヤンにはバルセロナが強い興味を示しているとされており、1月にはバルセロナ市内でオーバの代理人と接触したと報じられています。バルセロナその後も興味を持ち続けているため、アーセナルがオーバを引き止める為には来季のCL出場権を獲得する必要があります。

(ソース:Daily Mail

 

U-17スウェーデン代表FWを巡りバイエルンと争奪戦か?

アーセナルとバイエルン・ミュンヘンがハンマルビーに所属するU-17スウェーデン代表FWエミール・ロバック(16)を巡って争奪戦を繰り広げていると報じられています。

 

ハンマルビーのスポーツ・ディレクターを務めるヤンソン氏によると、既にアーセナル側から接触があり、選手とも会談を行っているそうです。ただ、アーセナル以外にも強い興味を示しているクラブは他にもあり、その数は増えているとも語っています。

 

ロバックは恵まれた体格に加えてスピードがあり、得点能力の高いストライカーです。 

(ソース:Daily Mail) 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました