【アーセナルNEWS】エンケティアの試合後のコメント

スポンサーリンク

エンケティア:チェルシー戦後のコメント

エンケティア
「僕らはトップ4を目指している。僕らはプッシュし続けたいし、これまでの6週間や今後どれだけ試合が残っていようとも全力を尽くす。僕らは自分たちを信じているんだ。

それにファンの為にも成し遂げたい。だから、シーズン終了まで全力を尽くすよ。」

 

ゴールについて

「人生ではいつどんな時にチャンスが訪れるか分からないので、しっかりと準備をしておくだけだ。今日はありがたいことにチームを助けることができたと思う。

もちろんゴールを奪えたことは嬉しいけれど、それよりもロンドン・ダービーに勝利して3Pを獲得して立ち直ることが一番大事だったと思ってる。

最初のゴールの時は少し不安がよぎった。時間がたっぷりあったからね。だけど、ありがたいことにゴールに流し込むことができたので良いスタートが切れたと思う。

ロンドン・ダービーだしチェルシーの様なビッグ・チーム相手に3P獲得できたことは素晴らしいと思う。週末の試合へ向けて自信になるよ。」

(ソース:Arsenal.com

 

イアン・ライトがプレミアリーグの殿堂入り

1991年~1998年までアーセナルでプレーし、プレミアリーグで191試合104ゴールという成績を残したイアン・ライトが殿堂入りを果たしました。

アーセナルに在籍した選手でプレミアリーグの殿堂入りを果たしたのはティエリ・アンリ、デニス・ベルカンプ、パトリック・ヴィエラに続いて4人目です。

1997-1998シーズンにはクリフ・バスティンの持つクラブ通算178ゴールという記録を塗り替えました。最終的に全ての大会を通して通算128ゴールという記録を残しており、現時点で彼の記録を上回るのはアンリだけです。

(ソース:Arsenal.com

 

ザビッツァー争奪戦が激化?

アーセナルが獲得に動いていると噂されるバイエルン・ミュンヘンのオーストリア代表MFマルセル・ザビッツァー(28)ですが、アトレティコ・マドリーも獲得に熱心らしいです。

ザビッツァーとバイエルンの契約はまだ3年残っています。しかし、ザビッツァーは昨年に移籍してから全リーグ戦のうち23%しかスタメン出場できていないため、バイエルンは今夏の移籍を許可すると噂されています。

移籍金は1,300万ポンド(約22億円)程度とされていることや、トップ下やウィングとしてもプレーできるユーティリティ性から、中盤の補強を目指すアーセナルにとって理想的な選手だとされています。

ただ、ザビッツァー争奪戦を制すためには来季のCL出場権獲得が必要になるでしょう。

(ソース:The Sun

 

21-22 プレミアリーグ 第25節:チェルシー vs アーセナル戦の結果速報
アルテタ監督:試合後のコメント

 

 

タイトルとURLをコピーしました