ファビアンスキーの悪夢、クリシーの活躍-ベンゲル

スポンサーリンク

カーリング・カップのトテナム戦で5失点を喫したファビアンスキー。

その敗戦を今でも引きずってるのか…

マイクベンゲル監督

「その影響はある。 ルカシュは知的で繊細な青年なんだ。 でも、この2つの

性格が悪い方へ働くときがある。 しかし、彼はそれを乗り越えた。 これは

全ての一流プレーヤーが通る成長過程だ。 最低の試合をどう乗り越えるか

キャリアにおいて大事なんだ。」

今シーズン安定した動きでチームを支えたクリシーについて

マイクベンゲル監督

「彼は代表入りにとても近づいていると思う。 選ばれて当然だ。 彼は(現

代表の)パトリック・エブラやエリック・アビダルにも劣らない選手だ。

フランスは多の有能な選手を抱えており、難しい選択となるだろう。 彼は

7月で23歳と最も若い。 怪我で長期離脱したことも忘れてはいけない。」


「しかし、最近のマンU戦での活躍は、多くのフランスの人々に対して能力を

ことが出来たと思う。 フットボールにおいても人間性においてもトップ

クラスパフォーマンスだった。 2-1となってからも、勝利への執念で

チームを鼓舞した。 本当の意味で彼がチームを前へと動かしていた。 

(次節出場に関して)とてもポジティブに考えている。 彼は試合を愛し、毎日

残ってトレーニングすることでレベルアップを図っている。 

「一時は、ガエルがシーズンを通して出場できるのか疑問に思われていた。

彼は中足骨を3度手術し、ヘルニアの手術も受けている。 その様な繊細な

身体で多くの試合に出場できるのか不安に思っていた。 しかし、彼は他の

誰よりも多く出場している。 私にとっての大きな喜びとは、彼が活躍した

ことではない。 もちろん期待はしていた。 大事なのは彼が休み無くシー

ズンを通してトップレベルのプレーをしたことだ。

(ソース:Arsenal.com)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いしますm(__)m

2007/2008シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました