批判は受けるが中傷は許さない−ベンゲルのインタ

スポンサーリンク

シーズン序盤から好調だったにも関わらず、何一つタイトルを取れなかった

ことへの批判が高まっていることについて…

マイク ベンゲル監督

「批判されているのは知っている。 だが全てを受け入れる必要はない。

世間の人々はプロなのにミスを犯したと言う。 だが、何も分からずに

言っているのであれば、それは中傷でしかない。」

「今は選手達の士気が下がらない様に努めている。 来シーズンへ向けて

もそうだが、自分たち自身のためにもそれが重要だと思っている。」

(ソース:Arsenal.com)

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いしますm(__)m

2007/2008シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました