セスク、マンCへの移籍に興味なし&ヒル・ウッド会長、アーセナルが買収される可能性を否定せず

スポンサーリンク

■前節ナスリとひと悶着あったバートンに関して、ギャラスは過去のペナルティが

軽すぎたと語ります…

マイクギャラス

「個人的にはダボへの一件やその他の暴力行為に関しても、(服役期間が)

十分だったとは言えないと思う。 それにFAの決定も理解できない。」

「バートンは(交代で)ピッチに入った瞬間からナスリを挑発してた。 サミル

対応もたぶん良いものじゃなかった。 けど、彼は我慢した挙句の行為だ

ったんだから、それを考慮するのがフェアだと思うね。」

(ソース:Sky Sports

※バートンの一連の騒動:マンチェスター・シティ在籍時、チームメイトだったウス

マヌ・ダボ(現ラツィオ)に対してトレーニング中に暴行を働く。 それがキッカケで

ニューカッスルへ移籍するも再び暴行事件を起し、逮捕・拘留される。 その後

起訴され裁判で禁錮6ヶ月の有罪判決を受け服役。 さらにダボの事件でも有罪

となり地域奉仕200時間&罰金、執行猶予4ヶ月の判決を受ける。

これを受けニューカッスルはバートンを減俸とし、拒否すれば放出だと迫るもゴネ

捲くって結局減俸もなく残留。 その後、服役から74日間後の7月に模範囚として

釈放される。 そしてアーセナル戦で復帰を果たすも、ナスリを挑発し強烈タックル

をお見舞いする。 キレて反撃したナスリはイエローを貰う。 同じフランス人である

ダボの一件があったにも関わらず、フランス人の多いアーセナル戦でしかも同じ

フランス人のナスリを襲うあたりバートンはフランス人に対して何か恨みでもある

のだろうか?

ちなみにFAはダボへの暴行事件に対して、12試合の出場停止及び2万5000

ポンドの罰金を科しています。 出場停止の12試合のうち6試合は執行猶予で

09/10シーズンまで暴力事件を起さなければ6試合の出場停止となります。

アブダビ・グループに買収され一夜にして多額の資金を手にしたシティ。

そんなシティのアル・ファイム新会長はC・ロナウドに続きF・トーレスやセスク

の獲得も視野に入れてると噂されていますが…

マイクセスク

「21歳の今の時期にシティへ移籍するなんて、キャリアをドブに捨てる様な

ものだよ。 アホらしい。」

(ソース:Sky Sports

マンチェスター・Cがアル・ファイム率いる投資グループ「アブ・ダビ」に買収され

一夜にしてプレミア一裕福なクラブへと変貌しました。 そんな中、ヒル・ウッド会長

アーセナルが買収されることもありうると語ります…

マイクヒル・ウッド会長

「もし誰かが巨額の買収話を持ちかけてきたら、我々が現状のままで十分だ

思っていたとしても株主たちにそれを拒否してくれとは言えない。 我々は

現体制を維持して欲しいと思っている。 もちろん、誰かがクラブ買収に乗り

出すかもしれないという懸念はある。」

「監督は売るつもりが無くても、我々は株式会社なんだ。 それは価格次第

だろう。」

(ソース:Sky Sports

まぁアーセナルも同じUAEを構成するドバイのエミレーツ航空がスタジアムの

ネーミングライツを買ってくれてますが、そのうちアブダビに対抗してクラブの運営

権まで買ったりするんだろうか…。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました