ウォルコットに対する厳しいマーク ほか

スポンサーリンク

クロアチア戦でのハットトリックにより世界中のDFから厳しいマークを受ける

様になったウォルコット。 先日のディナモ・キエフ戦でもイエローが出てもおか

しくない当たりを3回ほど受けています。 そんなテオに対してベンゲルは…

マイクベンゲル監督

「残念ながら、高い評価を得ている選手は危険な目に合うのが常だ。 (有名

なったことで)彼が受ける最初の答えは激しいマークだ。 プレゼントを期待

してる訳ではないが、レフェリーたちには適度な保護を心がけて欲しい。」

「出来ることなら悪質なタックルに関しては1回目の時点でルールブック通り

獲って欲しい。 2回目以降だとレフェリーも獲りづらいだろう。」

「私は特別扱いをして欲しいと言ってるのではない。 しかし、水曜日の試合は

タックルはボールに行っていなかった。 その選手が単に激しくプレーするなら

それはテオの扱い方次第だが、テオ個人を意図的に狙っていたのであれば

ペナルティを課す必要がある。」

「(昨シーズンは)フレブが荒い扱いを受けていた。 しかし、彼も非常に挑戦

的な戦いを挑んでいた。 彼は相手を引き付けてマタドールの様に華麗にか

わしていた。」

「たまにタックルのタイミングがずれる時がある。 フレブはその種に挑戦的

だった。 怪我をさせたくないトレーニング中でさえ、彼がタックルを受けるこ

とがあった。」

(ソース:Arsenal.com

■最近、ギャラスが得点するシーンが割りとありますが、ベンゲルは偶然では

ないと語ります…

マイクベンゲル監督

フットボールに偶然など無い。 ギャラスは若い頃ストライカーだったので、

どこで飛び出すべきかを見分ける優れた嗅覚を持っている。 CKやこぼれ

球の先にはギャラスが居る。 彼に残っているストライカーの本能が、今ま

で苦しい状況下でもゴールを生んできた。」

「ゴールを決めるストライカーに求められる最大の資質に、ゴール・テク

ックと得点感覚がある。 ウィリアムはスペースを見抜いて攻撃する。」

「彼のゴールが試合を分けることもあるだろう。 キエフ戦でのゴールがま

そうだった。 あそこで負けるのとポイントを獲るのでは、CLの見通し

ボルトンの戦い方が完全に変わってくる。」

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました