ストーク・C戦へ向けて−ベンゲルのインタビューほか

スポンサーリンク

■超過密日程で3日おきにリーグ戦・CLなどが目白押しのアーセナル

ベンゲルは今後もローテーションで乗り切る考えで、それはストーク戦

でも変わらないと語ります…

マイクベンゲル監督

「ローテーションは必要だ。 ローテーションによって、チームのバランス

に影響が出ているわけではない。 我々は来週の水曜にも試合(フェネル

バフチェ戦)があるし、土曜日にはマンチェスター・U戦が控えている。」

「(ローテーションを行なうにあたって)一番最初にすることは、メンタル面

やフィジカル面での強化が必要だと思われるポジションを探すことだ。

そして、選手達の能力を繰り返し見るし、故障を抱えている選手は他より

も多く見ている。 ローテションを決める時は、これらのことを踏まえた上

で判断している。 前節もそうやって判断した、それだけだ。」

(ソース:Arsenal.com

■前回のトテナム戦で、終了間際に2失点したことに対して批判が出ています。

さらにメディアでは”ドレッシングルームの不協和音”という話まで飛び出してい

ますが、ベンゲルはチームの団結を強調します…

マイクベンゲル監督

「(トテナム戦の結果に)我々みんなが落胆した。 ドレッシングルームには

不満とフレストレーションの雰囲気が漂っていた。 だが、選手達は情熱を

持ち、団結して試合に勝ちたいと思っている。」

「彼らは一つになり、共に勝利を得たいと思っている。 タイトルを獲得する

為に共に戦うことを堅く誓っている。 我々は内部の実態を知っている、

外部の話はそれを反映したものでない。 我々は何をすべきかも分かっ

ている。」

「(リーグ3位につけていることは)悪い位置ではないが、期待はずれでは

ある。 我々は前進し続けている。 シーズンの将来は、過去の試合からど

れだけ学べるかに掛かっていると言えるだろう。」

「我々は素晴らしいポテンシャルを持っているが、そのポテンシャルを発揮

できるかにチームの未来が掛かっている。 迅速に(過去の失敗を)吸収し、

それを反映させたい。」

(ソース:Arsenal.com

■ストーク戦を欠場する予定のギャラスですが、ベンゲルと同様にチームの団結

を強調します…

マイクギャラス

「僕らはみんな、トテナム戦で3Pを獲るべきだったと分かっているけど、現実

にはそうならなかった。 不本意ではあるけど引き分けることは出来た。 最低

限のことだけどね。」

「でも、1つの試合にこだわっててもしょうがない。 過ぎた試合よりも、目の

前の試合に集中し続けるすることが大事なんだ。 僕らはトロフィーを獲る

ために、信念と目標を持ち共にプレーしている。 強い団結をもったチームだ。

僕らはやれる。」

「明日のストーク戦が始まりだ。 残念ながら検査の結果ハムストリングを

痛めていることが分かったので僕は欠場するけど、他の選手達は3P獲る

という堅い決意を持っている。」

「僕らは忍耐力と、ウェストハム戦で示したコミットメントやスキルを今度の

試合で一緒に発揮しないといけない。 タイトルレースの中にあって、そこに

残る為には全てを出すしかない。 それはファンに対する最低限のことだ。

水曜の試合では凄まじい応援をしてくれたからね、僕らはファンのサポート

に答えたいんだ。」

(ソース:Arsenal.com

相手がストークだからと言って油断は出来ません。 当たり前のことですが、今季は

特に気を引き締めていかないといけませんね。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました