ウォルコット、全治3ヶ月の重傷だった

スポンサーリンク

ベンゲルは今季のジュールの飛躍に賞賛を送ると共に、ギャラス、トゥーレ、

シルベストルといったベテランDF陣にも引けを取らないと語ります…

マイクベンゲル監督

「ジュルーは6ヶ月前とは随分と違う選手になった。 個性、決断力、クォリティ

が伸びている。 先週、スイス代表の監督と話したが、ジュルーがどれほど

素晴らしいかを彼に話した。」

「彼はアーセナルのどの選手よりも精力的だ。 バックでは勝負強く、空中戦

強い選手が望まれている。 ヨハンには体格が大きいという利点がある。

トップ・クォリティを持った選手の一人だ。」

(ソース:Arsenal.com )

■代表戦を欠場したウォルコットですが、どうやらトレーニング中に肩を負傷して

いたようで、復帰まで最低でも3ヶ月掛かるそうです…

マイクベンゲル監督

「テオは(代表の)トレーニング中に肩を脱臼してしまった。 最低でも(復帰ま

で)3ヶ月は掛かるだろう。」

(ソース:Arsenal.com )

マジデスカ…orz ウォルコットが3ヶ月欠場とか笑え無すぎる(´;ω;`)

なんか最近、代表に行って全員が無傷で帰って来たことってないなぁ。

でもなんで今年はこんなに怪我が多いんだろう?

マジで悪魔祓いが必要か…。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました