スコラーリとは日本で会った−ベンゲルのインタビュー

スポンサーリンク

■セスクがキャプテンになって最初のチェルシー戦ですが、ベンゲルは心配

していないようです…

マイクベンゲル監督

「彼はまず良いプレーをすることが、キャプテンとしてベストだと思う。 残りの

部分も心配はしていない。「試合で上手くプレーし、リードすれば自ずと上手く

いく。 彼にはクラブで約250試合に出場と言う経験がある。 一般的に250試

合出場というのは26、27歳の出場数だ、つまり彼は21歳だが26歳の選手

に引けをとらないということだ。私が彼を信頼する理由はそこにある。 彼には

いつも通りのプレーをして欲しい。」

(ソース:Arsenal.com

■プレ・マッチ記者会見で、スコラーリ監督がアーセナルが夏にサロモン・カルー

獲得に動いていたと語ったりました。 そのことについて質問されたベンゲルは、カルー

に興味を示していたことを認めました…

マイクベンゲル監督

「我々はカルーに興味を持っていたが全く進展しなかった。 再び獲得へ動く

可能性? 今のところは無い。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルスコラーリのサッカー哲学を賞賛しています…

マイクベンゲル監督

「私が日本に居たときに、彼も日本に居たので会ったことがある。 彼はスシ

は好きじゃなかったので、短期間で日本を去ってしまったがね。 その後は

彼がポルトガル代表監督時代にも会った。 何人かの選手がイングランド

プレーしていた関係で会った。 我々は良い関係を築いている。」

「私は長いこと彼を知っているが、良くやっていると思う。 彼は非常に経験豊

富だし、とても社交的な人物だ。 フットボールはどこへ行っても同じだから、

豊富な経験は武器になる。 彼はチェルシーが抱えていた問題に、とても上手

に対処した。」

「試合にポジティブな態度で臨む監督が必要とされている。 彼が(チームに)

新風を吹き込んだか? それは分からない。 プレスが常にいくつもの新風を

必要としているように見える。 最も重要なのはプレーのクォリティだと私は思

っている。」

スコラーリとの友人関係は、日曜日の午後4時からは関係なくなる。 相手

チームの監督と対決をも辞さない姿勢の方が良い。 だが、一番重要なのは

勝利が唯一の楽しみということだ。」

(ソース:Arsenal.com

ベンゲルスコラーリは日本で会ってたんですね〜。

そういえばスコラーリも半年くらいジュビロで監督やってましたね。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました