ビショフ&エドゥアルドのインタビュー

スポンサーリンク

■昨年の夏にブレーメンから移籍してきたビショフは、怪我を抱えているのに獲得

してくれたベンゲルに感謝しているようです…

マイクビショフ

「ヴェルダー(・ブレーメン)では鼠径部(※脚の付け根部分)に重大なトラブ

ルを抱えてしまったわ。 それでもベンゲルさんはアタシの獲得を希望してく

れた。 そして、怪我でシーズンを棒に振ってるのに雇ってくれたのよ。」

「ロンドンに来てからの最初の5ヶ月間は、全てのトレーニングを一人でやって

たの。 アーセナルはアタシを大切にしてくれたわ。 ヴェンゲルさんはベスト

の状態に戻るまで、さらに1年の時間をくれた。」

「アタシはポルトガル代表のユニフォームを着れることを誇りに思っているわ。

フランス代表としてプレーする事はもう無いけど、全然後悔してないわ。

U-19フランス代表としてプレーしていたこともあったけど、アタシがブレーメ

へ移籍したら監督さんに”選手はフランスのクラブから選出する”って言わ

ちゃったの。 アタシの今の目標はセレソン(※セレソンポルトガル語

”代表”を意味する言葉。 ここではポルトガル代表を指している。)でプレーす

ることよ。」

(ソース:Sky Sports

ルーマニア戦で途中出場ながら代表戦復帰を果たしたエドゥアルドが、感想を語り

ます…

マイクエドゥアルド

「皆が僕のことを心配し続けてくれたけど、ピッチの上でプレーするのに何の

不安もないことが分かって嬉しいよ。」

「(交代する為に)ピッチへ向かっていたとき(緊張で)少し胃が締め付けられ

る感じだったけど、ボールに触ったら一気に吹き飛んだ。」

「ニコの2点目をアシストできた。 チームメイトみんなが僕を祝福してくれたけ

ど、昔のエドゥアルドならもっと多くの仕事が出来たはと思う。」

「この後は、アーセナルの為に直ぐにでもプレーしたい。 僕の準備が整って

ることを示すことが出来たと思うしね。」

(ソース:Sky Sports

久しぶりにビショフ君の登場です。 保毛尾田保毛男とベクトルが似ているという理由

だけでオネェキャラ扱いをしている訳ですが(笑)、U-21ポルトガル代表として先日

の試合に出たようです。 ということは、そろそろトップ・チームに復帰するのかもしれ

ませんね。

それから、ドゥドゥは試合に復帰したくて仕方ないようです。 たぶん、調子が良いとい

う自覚があるんでしょうね。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました