Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

宮市:ウィルシャーのようになりたい

■ここ最近の試合では決定的なチャンスをモノに出来ていないとメルテザッカーは語ります・・・
メルテザッカー
「改善すべき点がたくさんあると思う。 僕らには有能な選手がたくさん居てポテンシャルもあるけど、ピッチ上でそれを発揮しないといけない。 今は決定的なチャンスのすべてをモノに出来ている訳じゃないからね。」

「僕たちは常にクリーンシートと素晴らしいパフォーマンスを発揮することを目指してる。 (ボルトン戦の)前半では多くのチャンスを作ったけど、それだけじゃ不十分だよ。 前半でリード奪える状況だったと思うけど、結局は1Pしか獲れなかったからね。」

「すぐ(土曜日)にブラックバーン戦がある。 僕らはウィークエンドにプレーする最初のチームの一つだ。 他のチームを牽制する意味でも3P獲らないといけない。」
(ソース:Arsenal.com

ボルトン戦に引き分けたことで7位に後退したアーセナルですが、ブラックバーンに勝利することで4位チェルシーと2P差に迫れると、4位以内確保に自信をみせています・・・
ベンゲル監督
「4位争いは熾烈だが、多くのチームで争うことはそんなに悪いことではない。 もちろん、我々は週末の試合に集中し、ホームで勝利を収めなければならない。 まずは素晴らしいウィークエンドにすることだ。」

「もちろん我々はボルトン戦で2Pを落とした。 だが我々は良いプレーをしていたと思う。 アウェーで6〜7回チャンスを作れたのだからね。 失点しなかったこともポジティブな点だ。」

「ネガティブな点はチャンスをモノに出来なかったことだ。 チャンスの場面で少々冷静さを欠いていたと思う。」
(ソース:Arsenal.com

アストン・ヴィラ戦で実践復帰し、昨日のボルトン戦では先発フル出場を果たしたサニャ。 4ヶ月の長期離脱でしたが、ネガティブな経験をポジティブなものに変えたいと語っています・・・
サニャ
アーセナルや他のチームの試合をたくさん観てきたけど、客席に立って観ると全く違って見えるね。 見る角度が違うこともあって、ピッチ上に居たら見えないようなオープン・スペースがはっきり見えた。 観戦している側からは楽に見えるものでも、ピッチに居たら見るのが難しかったりする。 サポーターがナーバスになる理由が分かったよ。 今ではより理解が深まったと思ってる。」

「他のライトバックの何がよくて何がダメかを常に見てきた。 自分のプレーに新たなものを取り入れられると思う。」

「(リハビリ中はファンと同じ立場だったけど)まだ興奮しているよ。 怪我している間は全てのホーム戦に来てたからね。 僕は自分のチームを熱狂的にサポートしてるんだ。 チェルシーとのアウェー戦も覚えてるよ。 まったくクレイジーな試合だったし、試合後にチームメイトと一緒に(勝利を)祝いたくて仕方なかった。」

「本当に長い離脱になった。 いろんな感情が入り乱れたよ。 まずは怪我を受け入れなきゃいけなかったし、その後は復帰へ向けてハードワークをする必要があった。 それをやり遂げて再びチームに復帰できてすごく嬉しいよ。」

アストン・ヴィラ戦での歓迎ぶりが凄くて驚いたよ。 みんなからスタンディング・オベーションされるなんて期待してなかったけど、すぐに自信を持つことができた。 アーセナルのためにプレーできている間は僕は凄く幸せだし、このチームのために常にベストを尽くすよ。」
(ソース:Arsenal.com

ボルトンへローン移籍した宮市はウィルシャーから激励されたことを明かし、2年前に同じくボルトンへローンに出て大きく成長したウィルシャーの様に自分も成長したいと語ります・・・
宮市
ベンゲル監督からは幸運を祈ってる、プレーするチャンスが来たら思いっきり楽しんでこいと言われてるんだ。 ウィルシャーからはボルトンでプレーすることで僕がさらに成長できるって言われた。」

「ジャックが2年前ここにローン移籍してたのは知っているし、 もちろん僕も彼のようになりたいし、ボルトンのために良いプレーをしたい。 僕のスタイルはドリブルだ。 ここへ来ることになって興奮しているよ。」
(ソース:Sky Sports


にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 
FC2 Blog Ranking プレミアリーグ 人気ブログランキングへ