Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

【アーセナル公式】レノがファンからの質問に答える(前編)

 

チャンバース:リハビリの状況について語る

チャンバースは昨年12月29日のチェルシー戦で、膝の靭帯断裂の大怪我を負い手術を受けました。その後、復帰へ向けたリハビリに取り組んでおり、リーグ戦中断期間中の現在も継続しています。

 

チャンバース

「手術は上手く行った。今は復帰へ向けて家で出来ることをコツコツやっているよ。

 

ラッキーなことにジムの器具もあるので、足や膝、四頭筋の筋力を鍛えてきた。四肢の筋力を鍛えて、もっとたくさんの事を出来るようになりたいと思ってる。

 

いま置かれている状況に適応しつつ、自分をキープするために家で出来ることを見つけてきた。

 

(リハビリを担当する?)みんなとはFaceTimeやZOOMを使って一日置きに話してるよ。時には3時間くらいずっと話してたり、セッションの度に丁寧に解説してくれたりした。彼らには本当に感謝しているよ。

 

彼らが居なかったらめちゃくちゃ苦労していたと思うので、本当に助かった。

 

最初は『この時間を大切にして、ルーティーンを続けよう』という感じだった。午前中にリハビリを行うことに拘ってやっているんだけど、今は午前と午後のダブルセッションを行う日もある。ルーティーンと運動量をキープするのが大切なんだ。

 

ぶっちゃけ、復帰に期限を設けないというのは、リハビリをスタートした時に決めたことの一つだ。僕は何かをするにあたってタイムスケールを設けるのが嫌なんだ。

 

復帰にはじっくりと時間をかけて、キチンと取り組んでいきたいと思っている。

 

復帰の日付やタイムスケールは何も考えてない。現状を状態をベストの状態にすべく、出来る限りのことをやっているところだ。

 

全てが順調に積み重なって、順調に前進していくことを願っているよ。僕はただ、目の前にある様々なハードルを乗り越えて、復帰への階段を登って行きたいだけなんだ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

レノがファンからの質問に答える(その1)

Reddit内にあるアーセナル・ファンの最大コミュニティ ” The Arsenal on Reddit ” で、定期的に行われている選手がファンからの質問に答える企画『Ask Me Anything』にレノが登場しました。今回もファンからの質問にいろいろ答えています。

 

プレミアリーグの他のGKを研究してますか? また、GKのどういうプレーに注目してますか?

「フットボールの試合を見る度に勉強している、と言うのが正直なところかな。キーパーだったりゲーム全体の動きやストライカーのプレーを見ているね。

 

プレミアリーグには最高のGKが揃っていて、トップレベルのGKがたくさんいるんだ。昨シーズンのトップはリバプールのアリソンだったね。

 

彼は足の使い方が上手だしクロスも上手い。 リバプールで必要とされる高い位置での守備力を発揮していると思う。

 

エデルソンも足の使い方がめちゃくちゃ上手いね。デ・ヘアは信じられないほどの反射神経を持っていて反応が素晴らしい。

 

僕は試合を観るのが好きなんだけど、試合を観るときは常に勉強しているよ。だけど、真似したいと思ったことは無いかな。みんなそれぞれ違うから、自分に合ったスタイルを見つけていくだけだ。」

 

この前のPES(PS4のウィニングイレブン)の大会で、グリーズマンを撃破して勝ち進んだけど、決勝で惜しくも負けてしまったね。自分がアーセナルで1番のゲーマーだと思いますか? 

 「そんな自信は無いよ!(笑)だけど、フットボールのゲームに限って言えば、自分のeスポーツ・チームも持っているし、間違いなく僕が一番だと思うね。

 

フットボールのゲームは昔からずっとプレイしていて、友達ともよく遊んでいる。だからグリーズマンに勝てたんだよ!

 

ただ、決勝戦は自分から見てもパフォーマンが悪かったと思う。だけど、アーセナルのスタッフは僕が決勝まで勝ち進んだことをとても喜んでくれたよ。

 

フォートナイトはめちゃくちゃ下手くそだと思う。メスト(・エジル)やセオ(コラシナツの愛称)、オーバがとても上手い。

 

でも、フットボールのゲームだったら僕が一番になる可能性は十分にあると思うね。」

 

ドイツ時代にオーバメヤンと対戦した感想は?また、今はチームメイトだけど、どんな感じですか?

「オーバとの対戦は毎回大変だった! イングランドと同じでドイツでもレヴァンドフスキと共にリーグ最高のストライカーだったからね。

 

彼はいつもゴールを量産していたし、僕からゴールを奪ったこともある。彼との対戦はかなりキツかったよ。だけど、今は同じチームになれてすごく嬉しい。他のGKがかつての僕みたく最悪の立場に立たされているからね!(笑)

 

彼はプレミアリーグで最高のストライカーだと思う。彼が僕らのキャプテンで本当に良かった。」

 

プレミアリーグのスタジアムの雰囲気はブンデスリーガと比較してどう? また、これまでプレーして来た中で、一番雰囲気の良かった試合はどの試合ですか?

「一番雰囲気が良かったのはノース・ロンドン・ダービーのトテナム戦かな。これまでプレーして来たなかで最高だった。

 

ドイツとイングランドの違いは、ドイツだとどのスタジアムでもゴール裏にウルトラスがいることかな。一つのゴール裏に2万人のファンが常時陣取っているんだ。

 

イングランドの場合は、ファンが常にチャントを歌ってるね。イングランドは大声で歌っているか、大きなリアクションを見せるかのどちらかと言う印象かな。

 

ドイツのファンも大声でたくさん歌うけれど、イングランドのファンはセーブやタックルに対しても、ゴールと同じくらい反応してくれるし祝ってくれるね。」

 

フィールド・プレーヤーの中で最高のGKになれそうなのは誰? また、GKになっていなかったら、どのポジションでプレーしたかったですか?

「オーバかな!正直、彼のGKとしての資質はよく分からないし、誰が一番かも分からないけれど、FKチャレンジのトレーニング中にオーバが素晴らしいセービングをしているところを何度も見たことがある。

 

彼はジャンプも素晴らしいね。正直感動したよ。もし僕がレッドカードで退場した上に三つの交代枠を全て使い切っていたら、彼は素晴らしい選択肢になると思うよ。

 

GKになっていなかったらCBになっていたと思う。その理由として、そもそも僕は走るのが好きじゃないんだ!(笑)CBだったらそこまでたくさん走ることは無いからね。

 

それに、僕はチャレンジしたりタックルするのは好きなんだ。DFの中でも背は高い方だと思うし、CBは僕に合っていると思う。」

 

ここの掲示板では、今週末からブンデスリーガが再開するので、どのチームを応援するかと言う話が出ているのですが、僕らはどこを応援したら良いと思いますか?

「どこを応援すべきか? それなら間違いなくバイヤー・レバークーゼンだよ! 僕の古巣さ。7年間もプレーしたから素晴らしい思い出がたくさんある。そこで子供から大人に成長したんだ。

 

プロへの第一歩もそこだったし、たくさんの友人もいるから今でも彼らのことは気にしているんだ。

 

できたら君も僕の古巣を一緒に応援してくれたら嬉しいな!」

(ソース:Arsenal.com) 

 

長くなりそうなのでエントリーを二つに分けます。

後編はこちら

www.afcwatch.com

 

 

スポンサーリンク