19-20 プレミアリーグ 第32節 アーセナル vs ノリッジ戦プレビュー

スポンサーリンク

 

最新のチームニュース

■ソアレス

フル・トレーニングに復帰。ノリッジ戦前に状態の評価を行う。

 

■エジル

背中の痛みが続いており、ノリッジ戦前に状態の評価を行う。

 

■ダビド・ルイス

右膝の怪我。ノリッジ戦前に状態の評価を行う。

 

■レノ

右膝の怪我。6月20日のブライトン戦で、右膝の靭帯に中程度の捻挫を負う。4週間程度でのフル・トレーニング復帰を目指している。

 

■パブロ・マリ

左足首の怪我。マン・C戦で足首の靭帯に重度の捻挫を負う。今週行った治療は成功した。2~3ヶ月でのフル・トレーニング復帰を目指している。

 

■マルティネッリ

左膝の怪我。6月21日のトレーニング中に左膝の軟骨を損傷する怪我を負う。関節顕微鏡を用いた修復手術は成功した。今シーズン中の復帰はない。

 

■チャンバース

左膝前十字靭帯の断裂。昨年12月29日のチェルシー戦で負傷。手術後のリハビリを継続しており、現在はランニングとジムでのトレーニングを行っている。今シーズン中の復帰はない。

(ソース:Arsenal.com

 

アルテタ監督:試合前のプレス・カンファレンス

※一部を抜粋

グループ内の雰囲気や自信について

「勝利した後は普段よりポジティブな雰囲気になるものだ。4試合続けてアウェーで戦うという点では、本当に厳しいスタートになってしまった。

 

しかし、前回の試合に勝てたのは良かったし、キャンプでの雰囲気も良くなっている。」

 

試合が続くことによるフィジカル面の問題に、選手たちはどの様に取り組んでいるのか ?

「プレミアリーグから提示されたスケジュールはかなり過密日程だ。我々は他のチームに比べるとリカバリーが遅れているけれど、選手たちはベストを尽くしているし、リカバリーの面でも出来ることはやっている。

 

選手たちはベストを尽くしているので、明日も元気にプレーしてくれることを願うばかりだ。」

 

3月以来となるエミレーツでのホームゲームだが

「そうだね、私達は本当にホームでプレーしたいと思っていた。ホームでは他よりエンジョイできると思うが、ファンが居ないというのは明らかに不利だと思う。

 

我々としては彼らに幸せな時間を与えて楽しんでもらいたいと思っているが、今のところ彼らはTVで試合を観るほかないのでそれも出来ない。だが、それが現実なのだ。」

 

トップ5に追いつくためには負けられない戦いになると思うが

「今後はすべての試合で負けられない戦いが続くと思う。なぜなら、そういうチームとの対戦が続くからだ。

 

そのため、エラーを最小限に抑え、欧州大会の出場権を得るためにもホームで力強さを発揮する必要があるだろう。」 

 

ダビド・ルイスの怪我は深刻なのか ?

「我々には分からない。先日はピッチを離れるとき痛がっていた。普段からそういう様子を見せる選手ではないから、違和感があったのだろう。

 

昨日、状態の確認を行ったところ少し改善がみられた。今朝もスキャンを行って怪我の程度を確認したが、彼はとても前向きだったよ。

 

いつも通りプレーしたいと言っていた。ただ、我々としては彼の状態を判断しなければならない。」

 

グエンドゥジとエジルはシーズンの残りでプレーする機会はあるのか?

「これはスカッドの全員に言っていることだが、私の仕事は彼らの能力を最大限に引き出し、手助けし、サポートすることだ。」

 

両者にその意思はあるのだろうか?

「選手達はベストを尽くしたいと思っている、と言うのが私の願いだ。」

 

サリバはここでトレーニングを行うのか、それともサンテティエンヌに残りカップ戦を戦うのか?

「彼はあちらに残る必要があると思っている。サンテティエンヌとの契約があるので、しばらく残ることになるだろう。

 

監督が希望すれば彼には決勝戦に出場する権利もある。だから、我々としても彼にその機会を与えて、決勝戦を楽しむチャンスを与えたいと思っている。」 

 

ノリッジ戦に期待することについて

「降格争いをしているチームは常に優位性がある。彼らはチャンピオンシップを戦うのとプレミアリーグを戦うのでは、どれほどの違いがあるかを身をもって分かっているからね。

 

チームには完璧な献身性を期待している。相手は果敢に攻めてくるだろうし、我々に様々な問題を起こしてくるだろう。

 

彼らはリーグに残る可能性を少しでも高めるため、そして自分たちの人生を賭けて戦っている。再び堅実な戦いをするチームとの対戦だと考えている。」

 

オーバメヤンとの契約問題について

「申し訳ないが、新しい情報はない。」 

 

グエンドゥジはアーセナルで得たチャンスを最大限活かしていると思うか?

「分からない。アーセナルが彼をここに連れてきたのは、マッテオの持つ才能と素質に目を付けたからだ。彼はとても若い選手だし、まだまだ成長途中だ。

 

成長曲線というのは通常、直線的なものではなく、幾つか障害があってそれを乗り越えていく必要がある。

 

その過程のなかで、ほかの選手たちと同じく自分の良いところや悪いところを見つけていくのだ。」

 

サリバとは話したのか

 「ああ、何度か話したし、ここにも何度か来ている。我々は今シーズンも彼の様子をフォローしてきたが、若手としてもそうだし、怪我もあったので厳しいシーズンを過ごしてきたと思う。

 

しかし、これも彼の成長過程の一つなのだ。来シーズンへ向けて彼への期待感がどれだけ高まっているかは知っているけれど、彼の年齢や過去の実績を念頭に置く必要があるだろう。

 

これからも彼が選手として成長し続けられるように、彼に適した環境を作っていきたいと思っている。」

(ソース:Arsenal.com

 

 

【アーセナル公式】セバージョスとサリバを獲得
レアル・マドリーからセバージョスをローン移籍で獲得 アーセナルはレアル・マドリーからダニ・セバージョス(23)をシーズン・ローンで獲得したと発表しました。 セバージョスは昨シーズン、レアルでリーグ戦13試合にスタメン出場しています。背番号...
【アーセナルNews】サリバ出場時のスタッツが圧倒的だと話題に 
サリバ出場時のスタッツが圧倒的だと話題に  今夏の移籍市場でアーセナルが獲得したサンテティエンヌのU-20フランス代表DFウィリアン・サリバ(18)について、リーグ・アンでのスタッツが素晴らしいと話題になっています。アーセナルはトテナムと...

 

 Twitterもやってます→

スポンサーリンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました