Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

アーセナルに関する日々のニュースを記録中

20-21 プレミアリーグ 第5節:マン・C vs アーセナル戦プレビュー

 

アルテタ監督:プレス・カンファレンス

※一部を抜粋

 

パーテイはマッチデイにスカッド入りするのか?

「彼は昨日ここへ来たばかりだけど、クラブ周辺のことにも慣れてきている。今日はじめてトレーニングに参加するが、あらゆる面で彼は急ぐ必要があるね。

 

我々はサインする前から彼がフィットしていることは確認しているし、彼はプレーするのが待ち切れないと言った様子だ。今後数日間でどうなるか見守っていきたい。」

 

選手がプレミアリーグに適応するのにどれくらいの時間が掛かるものなのか?

「様々な要因があるので選手によって変わると思う。言葉を話せるかやチームに迅速にフィットできるかどうか、プレミアリーグにすんなり入れるかどうかやその為に適応や成長が必要なのかどうか等も関係してくる。

 

非常に特殊なことなので、すんなり適応できる選手もいれば、時間の掛かる選手もいる。」 

 

パーテイの様な選手がいる事にどれだけ興奮しているか?

「周囲がザワついているのを見てきたし、ファンも凄く喜んでいた。彼の獲得後は本当にポジティブな反応が見られたと思う。それはチームやスカッド、スタッフも同じだ。

 

彼は我々が長期に渡って注目してきた選手だが、その彼をなんとか獲得することが出来た。彼はチームにとって重要な選手になると思うよ。」

 

パーテイはスカッドに馴染めそうか?

「とても良い感じだよ。彼はまだ我々と一緒にトレーニングをしたことが無くて、今日初めてトレーニングを行うが、既に何名かのチームメイトと顔合わせをしている。

 

代表に招集されている選手もいるので全員では無いけどね。ただ、今日には全員が戻って来るので、今日は彼にとってチームメイト全員と仲良くなる良い日になるはずだ。」 

 

マン・C戦前にシェフィールドに勝利したことの利点について

「全く別の試合になると思う。なぜなら、シティが我々と対戦するときのアプローチは(シェフィールドとは)全く違うと思うし、我々がボールを持っている時と持っていない時とでは求められるものも全く変わると思うからだ。

 

試合に勝てている事や忍耐力が付いた事、昨年より改善が見られる事には満足しているけれど、マン・C戦の難しさは全く別のレベルだと思う。」

 

シティのシーズン開幕後の様子について

「彼らは今でも、あらゆる面において信じられない様な数字を残している。彼らの試合結果の中には、本当にアンラッキーとしか言い様のないものも含まれていると言うのが私の意見だ。なぜなら、彼らは早い段階で試合を決めるべきだったからだ。

 

そのうえ、僅かなチャンスしかない時の相手の効率性が際立っていた。しかしながら、彼らのプレー・スタイルや試合毎の内容が低下している様子は見られない。そういう事は一切無いと思う。」 

 

グァルディオラの戦術に誰よりも詳しいと思うが…

「私達は4年間一緒に仕事をして来たので彼の事はよく知っている。私達はお互いの考え方や解決方法を知っている。

 

しかし、それを防ごうとしたり、ピッチ上で時速100マイルで物事が展開している最中にやりたいフットボールを実行するのは非常に難しいのだ。戦術ボードとは訳が違う。」 

 

ティアニーについて

「海外へ選手を派遣するという事がとても複雑化している。明らかに(我々が)コントロールを失うし、プレミアリーグと異なる規定を設けている当局もある。

 

我々は関係機関とディスカッションを重ねているところだが、上手くいけば今日の午後にはもっと詳しい状況が分かると思う。」 

 

ティアニーは夏の段階で陽性反応を示していたのか?

「個々の医学的情報についてここで話す事は出来ない。」

 

ティアニーは今週末の試合でプレーできるのか?

「そうなる事を願っている。」 

 

エジルはプレミアリーグの登録メンバーに入るのか?

「ELでスカッド入りをしなかったのは彼だけでは無い。私にとってもあのレベルの選手を外すと言うのは非常に難しい決断だった。参加できないと知らされるのは本当にタフなことだからね。

 

ただ、不本意ながら外国人選手の人数が多かったので決断せざるを得なかった。残念だよ。」

 

パーテイとの契約に疑問があったか?

「Yes、土壇場での獲得には常にリスクが伴う。同時にやらなければならない事が山ほどあるし、処理する必要のある書類もたくさんあるからね。24時間をそれをやるのはかなり大変だったけど、なんとかやり切る事が出来て嬉しいよ。」

 

アトレティコ・マドリーはこの移籍に不満を持っている様だが…

「それは分からない。しかし、契約にバイアウト条項がある以上、常にそれが行使される状況が想定されるのは明白だ。

 

マーケットが開いている時にそれを行使するのは完全に合法だ。それに、彼らとはそれ以前からコミュニケーションを取っていた訳だし、今回の行動についてリスペクトしてくれる事を願うばかりだ。」 

 

サリバはアーセナルに留まるのか?

「そうだ。」 

(ソース:Arsenal.com) 

 

 

www.afcwatch.com

www.afcwatch.com

 

  

Twitterもやってます→

スポンサーリンク