フェネルバフチェとマンUに連勝して復活する

スポンサーリンク

■明日はCLのフェネルバフチェ戦、ウィークエンドにはマンU戦が共にホームで

行なわれます。 難しい戦いになりますが、ベンゲルはここで連勝すれば自信を

取り戻せると語ります…

マイクベンゲル監督

「今週は水曜にCLのフェネルバフチェ戦があり、日曜のランチタイムにはマン

チェスター・U戦がある。 最近は良い試合が出来ていないので、ここで我々

クォリティを示すことで自信を取り戻したい。」

(ソース:Arsenal.com

■ストーク戦で浮き彫りとなった最大の懸念材料は、チャンス・メイクが出来てい

なかったことだとベンゲルは考えているようです…

マイクベンゲル監督

「私が一番心配しているのは、あまり(チャンスを)作れなかったことだ。 我々

殆どチャンスが作れない事に慣れておらず、とてもフラストレーションが

溜まった。」

「ストークは2回のスローインから得点したが、それがあってはならない事な

のは分かっている。 だが、我々の長所である多くのチャンスを演出し、相手

を引きずり出すという試合をすることが出来なかった。」

「(ストークの戦術については)否定も肯定もしない。 彼らは思い通りの試合

上手く行っただけだ。 結局、ストークが長所を発揮したのに対し我々には

それが出来なかったということだ。」

「ローテーションは必要だ。 ストークと違い我々はプレミアと非常に厳しい

CLを戦っている。 同じメンバーで戦い続けるのは無理だ。」

「1ヶ月に1試合なら可能だろうが、週に3試合も戦っている。 背の高い選手

相手に戦ったが、スタジアムは風も強かった。 それに苦しめられたし、難

しさが増した。」

(ソース:Arsenal.com

■11月11日(火曜)にArsenal TV Onlineにてクリシーがチャットに出演し、サポー

ターからの質問に答えるそうです。 ただ、どの質問をするかはスタッフが決める

ようです。 リンク先から質問を送れますが当然英語のみです。

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました