混戦のプレミア・リーグ、CL出場権内を確約されたチームなど無い−ベンゲル

スポンサーリンク

■8P差の中にリバプールチェルシーアストン・ヴィラマンUそしてアーセナル

の5チームがひしめき合っているプレミア・リーグベンゲルは、今季のタイトル・

レースは混戦になると予想します…

マイクベンゲル監督

「我々が随分と久しぶりに経験するような、非常に厳しい上位争いになると思

っている。」

「誰が何処と対戦してもポイントを落とす可能性があるというのは、初めての

ことかもしれない。 マンUチェルシーリバプールアーセナルであっても

必ず3P獲れるわけではない。」

「プレミア・リーグのレベルが向上している。 我々がウィガンと戦ったときは、

アムル・ザキケヴィン・キルバーンがベンチだった。 10年前には考えら

なかったことだ。」

「私が(優勝ラインが)78〜85Pだろうと言うのは、そのためだ。」

(ソース:Arsenal.com

■タイトル・レースも混戦なら、CL出場権争いも大混戦です。 アーセナルは97/

98シーズンの優勝以降、優勝3回に2位が5回、3位と4位が2回ずつの計11シー

ズン連続CL出場中です。 そんなCLエリートのアーセナルであっても、CL出場権

は確約されたものではありません…

マイクベンゲル監督

「ヨーロッパ中を見渡してみても、ここ10年の間で毎年(CLに)出ているチー

ムは多くない。」

「今年の欧州大会だと、ACミランUEFAカップに回っていてCLには出てい

ない。 昨年はバイエルン・ミュンヘンUEFAカップをプレーしたが、準決勝

に残ったチームの中でずば抜けて名声のあるチームだったわけではない。」

「だが、彼らは(そこで)腐らなかった。 スポーツでは、保障されてることなど

何もないということを認めなければならない。 我々が毎年CLに出ているとい

うだけで、周りの人々は確約されていると思っている。 確約などされていない

し、そんなことだとパフォーマンスが下がってしまう。」

「難しいことだが、毎年CL出場権を獲得できると信じている。 2006年はCL

決勝でバルセロナと戦ったが、シーズン最終節のウィガン戦で出場権を獲得

している。」

「いつでも難しいことだが、独走しているチームも無いので我々にもリーグ優

勝のチャンスはあると思っている。 試合後に『今年のチームは無敵だ』と言う

選手が時々居るが、どのチームも無敵には見えない。」

「一番可能性が高いのはマンUだ。 彼らがどのようにリーグ戦に復帰するの

かや、ポイントの獲り具合によって左右される。」

(ソース:Arsenal.com

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ  ←お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました