トテナム戦の結果と試合後のインタビュー

スポンサーリンク

トテナム・ホットスパー 0-0 アーセナル

得点:

ベンゲル監督、試合後のインタビュー

マイク2Pを落としたことについて…

マイク「我々は動き回り、コミットメントを持っていて胸を張れる90分間だったと

思っている。 だが、2Pは落とされてしまったと思う。 なぜなら、我々には何

度も絶好のチャンスがあったが、レフェリーにしか見えない幻のファールに

よって阻止された。 TVでその場面を3回観たが、もっとあったかも知れな

い。 フラストレーションが溜まっているのはそのせいだ。」

「我々は前進し続ける。 本当に勢いがあると思うが、今日は得点できなかっ

た。 我々は(リーグ戦)11試合連続無敗中だ。 これからも前進し続ける。」

マイクエブエのゴールが取り消されたことについて…

マイク「(レフェリーは)エブエが押したと判断したようだが、実際には彼を押して

アデバヨルぶつかって倒れたのはウッドゲートの方だ。 もう一度その場面

を観れば、何でもない(ファールではない)と分かるはずだ。 受け入れられな

いし、(カードを貰うほど)重大な行為でもない。」

「私は、ボールに一番近かったのはレフェリーだと思っている。 彼は最高の

ポジションに居たにも関わらず、ウッドゲートが倒れたという事実だけで判断

し、エブエが押したかどうかで判断していなかった。」

マイクエブエのレッドカードについて…

マイク「最初のイエローが厳しすぎたと思う。 ファールを15回しているのに、

カードを貰って無い選手も居る。 彼がしたことはぶざまだが、最初のイエロ

ーは厳しすぎる。 2枚目については、私は見ていない。 エブエが報復行為

を行ったということだが、もし本当にそうなのであればイエローやレッドに値

する行為だ。 それよりも、誰がその場面を見たかが重要だ。 本当にその

場面を誰かが見ていたなら、退場も致し方ない。」

「問題は我々内部で処理する。 新聞は、決して問題解決の助けにならない。

彼が報復行為を行ったのかどうか、今日観て見る。 状況を評価する前に、ま

ずはその場面を見たい。 ボールはどんどん動いていたので、私がその場面

を見のは不可能だった。」

マイク退場の影響について…

マイク「我々は2人のストライカーをプレーさせ続け、勝ちに行った。 試合に勝

には十分に余裕が残っていた。 トテナムは全体的にチャンスを殆ど作れ

ず、我々が10人になってからでさえ、誤まった位置へ我々を引っ張り出そう

とはしなかった。」

「1~2回ほど(決定的な場面で)アルムニアのセーブに助けられたが、全体

には上手く相手をコントロール出来ていたと思う。 何が難しかったかと言

えば、長時間少数の10人で戦うのが難しかった。」

マイクレフェリーのパフォーマンスについて…

マイク「私は被害妄想を抱くことはしたくない。 単に今日の試合もシーズンの一

部だと思っている。 レフェリーに盾突くことは出来ないし、試合を仕切るのは

彼だ。 彼は大きな間違いを犯した。 私はその場面をTVで3回見たが、あれ

が正しい判断だったとは言えない。」

マイク怪我人について…

マイクアデバヨルはハムストリングの怪我で3週間は欠場するだろう。」

「我々にはヴェラやベントナー、エドゥアルド、アルシャビンファン・ペルシ

多くのストライカーが居る。」

クリシーは頭部裂傷で、傷口を縫った。」

(ソース:Arsenal.com

■前半早々に2枚のイエローで退場したエブエはファンに謝罪します…

マイクエブエ

「申し訳ない。 この試合は僕たちにとってもの凄く重要な試合だった。 僕らが

トテナムと対戦するときは、ファンの為にベストを尽くして常に勝たなければな

らない。」

「レッドカードを受けて落胆しているけど、全力を尽くしたチームメイトたちに

感謝したい。ドローで終えれて良かった。 長時間11対10で戦って、ポイント

を得られたのは良かった。」

「レフェリーは僕を退場処分にした。 最初のイエローについては、悪かったと

は言えない。」

「僕はボールの前に居て、アルムニアと話をしていた。 そのあとレフェリーに

笛を吹くのが遅いって言ったんだ。 そしたら彼は”OK”と言った。 僕が自分

のポジションに戻ったら、レフェリーが僕を呼んでイエローを出した。 なぜカ

ードを出されたのか理解できないよ。」


「2枚目に関しては、僕が彼にタッチした。 前にモドリッチがレフェリーの前で

僕に接触したのに、何も言わなかったので脚を入れた。 僕が前へ行こうとし

たら、彼が蹴ってきたから僕も脚を挙げたんだ。 2枚目のカードは適切なも

ので、僕も受け入れる。」

「僕の退場がなくても、今日のレフェリーは良くなかった。 (前半の)あれは

ゴールだよ。 僕には、なぜ彼がそれを認めなかったのか分からない。 レフェ

リーは僕がウッドゲートに接触したって言うけど、僕はそんなことしてない。」

「ピッチの上では自分をコントロールする必要があるのは分かっているが、ト

テナムに勝たせたくなかった。 全力を尽くしたかったんだ。」

(ソース:Arsenal.com

エブエの2枚目は愚かな行為ですが、1枚目は本当に意味不明です。

レフェリーに反抗したってことなんでしょうか。 今日のレフェリーはカード連発する

ことで有名ですが、あれはどう好意的に解釈してもおかしい。

レフェリーの良し悪しも含めてフットボールだと思ってますが、あれは良し悪しの範疇

を越えてますね。 ダービーなんだからもっとマシな人に笛吹いて欲しかった。

まぁ1枚目のイエローが無くても、報復行為ってことで一発レッドもありえたと思うの

でエブエには猛省して欲しいですね。

あとエドゥアルドが戻ってきたと思ったら今度はアデバが負傷…。

ここんとこ、チーム全体として本当に怪我が多いなぁ。 マジで悪魔祓いが必要か…。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。

2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)

コメント

  1. わびとさび より:

    SECRET: 0
    PASS:
    戦うスパーズと凌ぐガナーズでした。
    ブログにも書きましたが、
    ベルバトフ放出が下位に甘んじる
    理由なんですかね?
    決定力不足 スパーズゲームだったのに(笑)

  2. ジャガ~ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    今季のスパーズは中盤でコントロールできない
    イメージがありますが、ベルバトフ放出も一因
    かもしれませんね。
    でも、モドリッチが良かったですしキーンも出戻っ
    て来たので、前線へボールが行くようになると思
    います。

タイトルとURLをコピーしました