セスクがコメントを発表:僕は何もしていない

スポンサーリンク

■FAカップのハル・C戦において、アーセナルの2点目がオフサイドではないか?

としてハル側が主審に対して猛烈な抗議を行いました。 これが直接の原因かは分

かりませんが、試合後にハル・Cのホートン助監督と観戦に訪れていたセスクが揉

めたようです。 その際に、セスクがホートンに対して唾を吐きかけたとハル側が

主張しています。

まずはハル・Cのブラウン監督の言い分です

マイクブラウン監督

「私はその場に居て、現場を見た。 セスクはトンネル内で助監督に唾を吐き

かけた。 彼はアーセナルのキャプテンなのだから、自分自身に誇りを持っ

ていることを願う。 だが、彼はホートンの足に唾を吐きかけたのだ。」

唾を吐きかけられたと主張するホートンはFAへ提訴するとし、仮にセスクから謝罪

があっても一切受け入れないと表明しています。

(ソース:Sky Sports

この件に関してベンゲルは、その場に居なかったので分からないと語ります…

マイクベンゲル監督

「何も見ていない。 私はフットボールに関する話をする為にここに居るのだ。

私は新聞記事を書く専門家ではない。 もしかしたら、トンネル内で小競り合

いがあったのかも知れないが、申し訳ないことに私は何も見ていないのだ。」

(ソース:Sky Sports

そして、唾を吐きかけたと名指しで批判されたセスクは公式HPの声明において、

その様な事実はないと完全否定しています…

マイクセスク

「僕が試合後に、誰かに唾を吐きかけたいう事は絶対にない。 これまでの

キャリアにおいても、ピッチの上でその様なことは一度もしたことがない。

なのに、なぜプレーしてもいない僕がそんな事をしなきゃいけないのか?」

「疑惑のゴールがあってフラストレーションが溜まるのは理解できる。 僕に

だってそういう経験はある。 でもそれは、アーセナルの選手のせいでも無け

れば、僕のせいでも無いんだ。」

(ソース:Arsenal.com

試合後のインタビューを載せる予定でしたが、こっちの騒動でメディアが盛り上がっ

てるので予定を変更しましたm(__)m

まず、ハル・C側はギャラスの2点目がオフサイドでは無いか?という事で猛抗議を

していました。 また、ハル・C側が遅延行為を行っているとしてGKにイエローが出さ

れています。 ハル・Cのブラウン監督は、このイエローもアーセナル・ファンとベンゲ

ルが主審にプレッシャーを掛けて出させたと主張しています。

これらの事がホートン vs セスクの騒動にどういった影響があったのかは不明です。

そして、本当に揉め事があったのかも良く分かりません。 アーセナル側はベンゲル

は”見てない”と言っているし、セスクもコメントの中では揉め事があったのかどうか

に付いては触れていません。

ホートンはFAに提訴する様なのでFAがどういった判断をするのか注目されます。

にほんブログ村 サッカーブログ プレミアリーグへ 人気ブログランキングへ

↑お役に立ちましたらクリックお願いします。


2008/2009シーズン
スポンサーリンク
みんなとシェアする
ジャガーをフォローする
Arsenal Watch(アーセナル・ウォッチ)
タイトルとURLをコピーしました